励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【金融・企業法務】 第150回金融法務研究会例会 | トップページ | 【金融・企業法務】 農業協同組合の代表理事が補助金の交付を受けることにより同組合の資金的負担のない形で堆肥センター建設事業を進めることにつき理事会の承認を得たにもかかわらず、その交付申請につき理事会に虚偽の報告をするなどして同組合の費用負担のもとで同事業を進めた場合において、資金の調達方法を調査、確認することなく、同事業が進められるのを放置した同組合の監事に、任務の懈怠があるとされた事例 最高裁平成21年11月27日付判決 »

2010年11月27日 (土)

弁護士会費の滞納

 11月号の「自由と正義」が送付されてきましたので、早速読んでみました。

 5人懲戒されていましたが、うち3人は、弁護士会費の滞納により大会命令を受けていました。

 登録番号をみると、中堅弁護士のようにみえますが、報道されているニュースをみると、お二人はベテランの方のようです。もうお一人は、働き盛りの年齢のようですが・・・・

 とにかく、弁護士会費は高いです。

 登録番号をみる限り、かなりのキャリアがあることは想像できますが、弁護士を長くやっていても、会費を支払うことができない弁護士が生じるようになったと思うと、恐ろしい限りです。

 また、相手方の情報を得るために勤務先に余事記載の域を超えて弁護士会照会をかけたことについて、不法行為自体は訴訟で否定されたものの、懲戒事由には該当するとして、戒告処分を受けた弁護士が紹介されていました。

 不法行為には該当しないとしても、懲戒事由には該当するとすれば、怖くて弁護士会照会などをかけることはできません。

 ただし、大阪弁護士会に懲戒処分は1つの先例となりますから、皆さん、弁護士会照会をかける時には、細心の注意を払う必要があると思いますので、気を付けましょう。

« 【金融・企業法務】 第150回金融法務研究会例会 | トップページ | 【金融・企業法務】 農業協同組合の代表理事が補助金の交付を受けることにより同組合の資金的負担のない形で堆肥センター建設事業を進めることにつき理事会の承認を得たにもかかわらず、その交付申請につき理事会に虚偽の報告をするなどして同組合の費用負担のもとで同事業を進めた場合において、資金の調達方法を調査、確認することなく、同事業が進められるのを放置した同組合の監事に、任務の懈怠があるとされた事例 最高裁平成21年11月27日付判決 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ