励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【金融・企業法務】 地方公共団体が金融機関との間で締結した当該金融機関の第三者に対する融資について金融機関に生じた損失を補填する旨の損失補償契約に基づき当該地方公共団体の長が金融機関に対して補償債務の支払のためにする出費の差止めを求める請求(住民訴訟)に理由がある場合 東京高裁平成22年8月30日判決 | トップページ | エミフルMASAKI に 出かけてきました »

2010年10月16日 (土)

武富士 の 会社更生法 以降 

 武富士の会社更生法以降、債務整理の相談が少し増えているように思います。

 どうやら、サラ金との間で取引のある方が、或いはあった方が、他の会社の倒産する前にということで、心配になってご相談に見えられるケースが少し増えているようです。

 電話でのお問い合わせもあります。

 代表的なものとしては、以下のとおりです。

 Q 過払いになりますか?

  →電話だけじゃわかりません。

 Q 過払金はどれくらい期間かかりますか?

  →業者によって大きく異なります。また、交渉か、裁判か、判決後に強制執行かによっても、全然違ってきます。

 Q どこか良い弁護士を紹介してください

  →うちも、法律事務所なんですけど・・・

 Q 別の事務所に頼んでいるのだけど、1年たっても報告がないのですが・・

  →かなりヤバイ事務所かもしれません。

 

 最近の傾向として、裁判もかなり長期化しています。知り合いの先生が貸金業者の代理人だったりしているのですが、あっちこっち飛び回っているのを見ているだけで、多忙で大変そうです・・・

 武富士が会社更生法の申請をしたことによって過払金が回収できなくなった事務所は少なくなかったと思いますが、私の事務所では、幸いなことに、大口の債権回収済みで、大きな影響は受けませんでした。件数的には、10件足らずありましたが、中には、利息制限法で引き直しても負債が残るというものも数件含まれていました。

 地方の事務所は、余り料金を公開していないところが少なくありません。私の事務所は、HP等で公開しています。

 かなり過払いバブルは終焉を迎えつつありますが、私を含めて多数のマチ弁はその備えをしているのでしょうか。

« 【金融・企業法務】 地方公共団体が金融機関との間で締結した当該金融機関の第三者に対する融資について金融機関に生じた損失を補填する旨の損失補償契約に基づき当該地方公共団体の長が金融機関に対して補償債務の支払のためにする出費の差止めを求める請求(住民訴訟)に理由がある場合 東京高裁平成22年8月30日判決 | トップページ | エミフルMASAKI に 出かけてきました »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ