励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【建築・不動産】 売買の目的物である新築建物に重大な瑕疵がありこれを建て替えざるを得ない場合に、買主からの工事施工者等に対する不法行為に基づく建て替え費用相当額の損害賠償請求において、買主が当該建物に居住していたという利益を損益相殺等の対象として損害額から控除することの可否 最高裁平成22年6月17日判決 | トップページ | 過払い金の広告 »

2010年9月12日 (日)

【消費者法】 利息制限法の解釈についての最高裁平成22年4月20日付判決

 判例タイムズNo1326号(9月1日号)で紹介された最高裁平成22年4月20日付判決です。

 改正前の利息制限法1条1項の解釈についての最高裁判決です。

 判旨を紹介いたします。

 ①継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され、同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合における利息制限法1条1項にいう「元本」の額は、各借入れ時点における従前の借入金残元本と新たな借入金との合計額をいい、従前の借入金残元本の額は、弁済金のうち制限超過部分があるときは、これを上記基本契約に基づく借入金債務の元本に充当して計算する。

 ②継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され、同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合において、上記取引の過程におけるある借入れの時点で、従前の借入金残元本と新たな借入金との合計額が利息制限法1条1項所定の各区分における下限額を下回るに至ったとしても、上記取引に適用される制限利率に変更されない。

 ①の判断で、「基本契約における極度額や、約定利率に基づき計算した残元本額を基準として制限利率を定めるべきとする見解」は、排斥されました。

 ②の判断で、一旦決まった法定利率は、上がらないということになりました。

 ①については、悔しいですね。

 なお、「平成18年法律第115号による改正後の利息制限法5条(平成22年6月18日施行)には、営業的金銭消費貸借の特則として、1条の「元本の額」に関する特則が定められている。本件のように基本契約に基づき継続的に金銭の借入れと弁済が繰り返される金銭消費貸借取引は、改正法5条各号の規定には該当せず、上記施行後の借入れについても、1条の「元本の額」の解釈として、本判決と同じ解釈がされることになると解される。」(同書116ページ)

« 【建築・不動産】 売買の目的物である新築建物に重大な瑕疵がありこれを建て替えざるを得ない場合に、買主からの工事施工者等に対する不法行為に基づく建て替え費用相当額の損害賠償請求において、買主が当該建物に居住していたという利益を損益相殺等の対象として損害額から控除することの可否 最高裁平成22年6月17日判決 | トップページ | 過払い金の広告 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ