励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« びっくりしたなあ!  「弁護士をストーカー規制法違反容疑で書類送検」 | トップページ | 【行政】 固定資産評価基準及び市の評価要領に基づき宅地の価格に比準する方法によって決定された市街化区域内の農地等の価格につき、当該区域が市街化区域としての実態を有していないことのみを理由として上記価格が適正な時価を上回るとした原審の判断に違法があるとされた事例 最高裁平成21年6月5日判決 »

2010年5月15日 (土)

四国銀行新頭取に 野村直史氏

四国銀行の頭取に、野村直史専務が昇格されることが決まったようです。

 野村新頭取は、私が法律事務所を開業した平成11年当時は、四国銀行今治支店の支店長さんでした。

 昔、父の会社と四国銀行さんとが取引があったことから、私が独立開業した当時、野村支店長さんには、いろいろとご心配をしていただき、また、野村支店長さんが直々に昔の事務所にまで大きな花束を届けていただいたこともあり、大変気さくなお人柄の方でした。

 開業したときに花束をいただいた金融機関は、四国銀行さんだけだったなあ。

 また、旧事務所で最寄りの金融機関は、四国銀行さんだったので、現在の新事務所に移転するまで、継続して、お取引をさせていただいていました。

 今治支店の後は、本店の部長などを歴任されていたとうかがっていたのですが、ついにトップになられたようです。

 懐かしい方のお名前を日経新聞で見たので、つい10年前の昔を思い出しました。

 四国銀行は、気さくな雰囲気がする銀行なので、愛着があります。是非、野村新頭取には、頑張っていただきたいと思います。

« びっくりしたなあ!  「弁護士をストーカー規制法違反容疑で書類送検」 | トップページ | 【行政】 固定資産評価基準及び市の評価要領に基づき宅地の価格に比準する方法によって決定された市街化区域内の農地等の価格につき、当該区域が市街化区域としての実態を有していないことのみを理由として上記価格が適正な時価を上回るとした原審の判断に違法があるとされた事例 最高裁平成21年6月5日判決 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ