励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 昨日、高松に行ってきました | トップページ | 今治市行政改革推進審議会 »

2010年5月28日 (金)

【流通】 スーパーの裏側 東洋経済社

 東洋経済社から出ている「スーパーの裏側」(2009年4月30日発行)という書籍を読みました。

 長年、食品業界に携わった著者(河岸宏和氏)による暴露本的な書籍です。

 「お惣菜の実態」として、売れ残りでつくるのが当たり前、賞味期限はスーパーで勝手に決められることなどについて、詳しく書かれています。

 詳細は、書籍を読んで確認してください。

 著者によれば、いいスーパー、ダメなスーパーの見分け方として、たとえば、店外で見るべき3つのポイントとしては、①商品を屋外においていないか、②まわりに雑草が伸びていないか、③入口のチラシが古くないか、画鋲ホッチキスで貼っていないか、店内設備で見るべき6つのポイントとして、①手洗い場はきれいか、②トイレがきれいか、③レジ・サッカー台はきれいか、④ゴンドラの上がきれいか、⑤カゴ台が空で放置されていないか、⑥防火シャッターの下に物を置いていないかなどを、ポイントとして列挙されています。

 著者によれば、日本のスーパーで評価できる会社としては、東北を中心に展開している「ヨークベニマル」、北関東に根拠を置く「ベイシア」を挙げています。

 ヨークベニマル12章を紹介し、とくに第9章の「お客様は一度はだませても、二度はだませない」、第12章の「言葉や態度が店相をつくる。あなたはお店の代表である」は心から共感できるとしています。

 ヨークベニマル 気になるスーパーです。

« 昨日、高松に行ってきました | トップページ | 今治市行政改革推進審議会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日、高松に行ってきました | トップページ | 今治市行政改革推進審議会 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ