励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

【交通事故】 高次脳機能障害No2ー高次脳機能障害の定義

 前日の続きです。

イ 高次脳機能障害の定義

 高次脳機能障害とは、脳の高次機能である認知、行為(の計画と正しい順序での遂行)、記憶、思考、判断、言語、注意(の意図的な持続)などが、脳梗塞の内疾患や、交通事故などによる脳外傷により損傷を受け、障害された状態である。

 また、損害保険料率算出機構が設置した自賠責保険における高次脳機能障害認定システム検討委員会が作成した「自賠責保険における高次脳機能障害認定システムの充実について(報告書)}と題する書面によると、自賠責保険によける「脳外傷による高次脳機能障害」とは、脳外傷後の急性期に始まり多少軽減しながら慢性期へと続く、以下の(ア)ないし(カ)の特徴的な臨床像を指すとされている。

(ア) 典型的な症状ー多彩な認知障害、行動障害及び人格変化

 認知障害とは、記憶・記銘力障害、注意・集中力障害、遂行機能障害などで、具体的には、新しいことを覚えられない、気が散りやすい、行動を計画して実行することができない、などである。

 行動障害とは、周囲の状況に合わせた適切な行動ができない、複数のことを同時に処理できない、職場や社会のマナーやルールを守れない、話が回りくどく要点を相手に伝えることができない、行動を抑制できない、危険を予測・察知して回避的に行動することができない、などである。

 人格変化とは、受傷前には見られなかったような、自発性低下、衝撃性、易怒性、幼稚性、自己中心性、病的嫉妬・ねたみ、強いこだわりなどの出現である。

 なお、これらの症状は、軽重があるものの併存することが多い。

(イ) 発症の原因及び症状の併発

 上記(ア)の認知障害、行動障害、人格変化は、主として、脳外傷によるびまん性脳損傷を原因として発症するが、局在性脳損傷(脳挫傷、頭蓋内血腫など)との関わりも否定できない。実際のケースでは、両者が併存することがしばしば見られる。また、びまん性脳損傷の場合、上記(ア)の症状だけでなく、小脳失調症、痙性片麻痺あるいは四肢麻痺の併発も多い。これらの神経症状によって起立や歩行の障害がある事案においては、脳外傷による高次脳機能障害の存在を疑うべきである。

(ウ) 時間的経過

 脳外傷による高次脳機能障害は、急性期には重篤な症状が発現していても、時間の経過とともに軽減傾向を示す場合がほとんどである。これは、外傷後の意識障害の回復経過とも似ている。したがって、後遺症の判定は、急性期の神経学的結果に基づくべきではない。経時的に検査を行って回復の推移を確認すべきである。しかし、症例によっては、回復が少ないまま重度な障害が持続する場合もある。

(エ) 社会生活適応能力の低下

 上記(ア)の症状が後遺した場合、社会生活への適応能力が様々に低下することが問題である。これを社会的行動障害と呼ぶこともある。軽症で、忘れっぽい程度の障害であれば、日常生活への影響は少ない。しかし、重症では、就労や就学が困難になったり、介護を要する場合もある。

(オ) 見過ごされやすい障害

 脳外傷による高次脳機能障害は、種々の理由で見落としされやすい。例えば、急性期の合併外傷のために診療医が高次脳機能障害の存在に気づかなかったり、家族・介護者は患者が救命されて意識が回復した事実によって他の症状もいずれ回復すると考えていたり、被害者本人の場合は自己洞察力低下のため、症状の存在を否定している場合などがあり得る。

(カ) 労働能力

 知的指数が標準範囲であっても、社会的行動障害が訴外要因となって就労困難な場合があり、脳外傷を示す画像所見が軽微な場合でも、労働能力がかなりの程度損なわれている場合がある。

 

 

2010年4月29日 (木)

フジグラン今治 → 散髪 → 今治ラーメン → アイシネマ → フジグラン今治

 GWの初日、散髪のために、出かけようとしたら、妻に、「フジグラン今治で、九州うまいもん市をやっているので、つぼ漬け等を買ってきて」と言われ、子どもたちからは、「アポロ(お菓子)も」を言われたので、フジグラン今治に出かけてきました。

 散髪前の頭ボウボウだったので、知り合いにみられたら恥ずかしいなあと思っていたのですが、フジグラン今治にいくと、なんと視察に訪れているフジの役員の方にぱったり遭遇してしまいました。

 それから、散髪やさんにいくと、理容師さんから、「グランにいましたね」と言われました。どうやら、お嬢さんがフジグランの店員さんで、送迎のために、フジグランにきていたようです。

 今治ラーメンを家族で食べた後、アイシネマで、子どもと一緒にケロロ軍曹という子ども向きの映画をみました。このアニメ、当然、子どもを対象にしているのですが、ギャグがおもしろく、大人でも楽しめます。

 それから、子どもが気に入っている、ポケモンの、パトリオ0というゲームをするため、再度、フジグラン今治を訪ねました。子どもがゲームをしている間、私は、隣のツタヤで、法律の本を購入しましたが、しばらくして、ゲーム機のところに戻ってみると、子どもがひとりで泣いていたので、子どもにその理由を尋ねると、近くにいた子どもにゲームの邪魔をされたらしいのです。

 ボクシングジムに通っている子どもなのになんて泣き虫なんだろうと内心思いましたが、「まあ、仕方がない」と考え、もう一度ゲームをさせました。

 パトリオ0のゲーム機は、メモリカードが故障しているという掲示がされていたため、「今日はなんてついてないんだろう」と一瞬思ったのですが、メモリカードを持っている人は、波乗りピカチュウの記念パックをもらえるという案内がでていたのです。

 さっそく、受付にいって、記念パックをもらうと、子どもが非常にはしゃぎだし、「うれしい」を連発していました。フジグラン今治のおもちゃ内場の方、ありがとうございました。反対に、なんてついている一日でした。

 また、子どもは、フジグラン今治の食品売り場で、販売している松山ウィンナーと、大葉納豆が大好物なので、大量に買って帰りました。

 子どもはよほどうれしかったのか、帰ると、草むしりのお手伝いをいっぱいしてくれました。

【交通事故】 高次脳機能障害 No1ー脳損傷のメカニズム 大阪高裁平成21年3月26日判決 

 交通事故民事裁判判例集第42巻第2号で紹介された大阪高裁平成21年3月26日付判決です。

 「争点に対する判断」では、高次脳機能障害について、わかりやすく整理されていましたので、自分の頭の整理のために、少しだけ?、引用させていただきます。

ア 脳損傷のメカニズム

 外傷による脳損傷の発生機序は、大きく分けて、接触損傷加速損傷とに分類することができる。

(ア)接触損傷

 接触損傷とは、物が頭部に当たった場合、頭蓋骨がたわんで脳にぶつかり、その部分の脳が破壊されて脳挫傷になることをいう(局所性脳損傷)。ただし、純粋な接触損傷は、頭部が固定されて動かない状態で衝撃を受けた場合にのみ起こり、実際の脳外傷では加速損傷を伴うことの方が多い。

(イ)加速損傷

  加速損傷としては、直撃損傷対側損傷又はせん断歪みによる損傷が挙げられる。

a 直撃損傷 

 頭部に衝撃を受けた瞬間、頭部は移動するが、その際、頭蓋骨は脳よりも速く移動するため、頭蓋骨と脳が互いに衝突することにより生じる脳損傷をいう。

b 対側損傷

 直撃損傷の生じた脳と反対側の脳は、頭蓋骨の動きに対して元の位置を保とうとするため、頭蓋骨と脳の間が陰圧となることにより生ずる脳損傷をいう。

c せん断歪みによる損傷

 頭部が頚部を始点として前屈、後屈と強い回転加速度を受けるような場合、脳は均一な構造物でないため、脳のうち回転の支店に近い部分と遠い部分とでは遠い脳の方が速く移動しなければならないため、脳はその形を保ったまま移動することができず、変形する。このときに脳内部にずれ、歪みが起き、神経繊維が切れることにより生ずる脳損傷をいう。

 臨床的には、せん断歪みによる損傷は、びまん性軸索損傷の発生機序となる。

(ウ)びまん性軸索損傷の特徴

 びまん性軸索損傷は、臨床的には何ら頭蓋骨内占拠性病変を伴わないのに、受傷直後から高度の意識障害が続くような状態と定義される。言い換えると、CTなどで調べても明らかな脳挫傷や頭蓋骨内血腫がないにもかかわらず、昏睡が続いている状態を指す。

 最近の研究によれば、受傷直後に断裂する神経軸索はむしろ少なく、少し遅れて軸索の断裂が起きると考えられている。また、CTやMRIで両側性の脳腫張や脳梁、脳室周囲、上部脳幹部に散在性の出血や挫傷像を見ることも多いが、何ら異常を認めないこともある。

 びまん性軸索損傷の診断は、臨床的に困難である場合が多い。その理由としては、びまん性軸索損傷は局所の脳損傷と異なり、CTやMRIを用いても異常がはっきりしない場合が多く、症状と一致した客観的な証拠が得られにくいこと、びまん性軸索損傷の重症度には程度の差があり、受傷直後から高度の意識障害があり、それが遷延するような場合は格別、中等度又は軽度のびまん性軸索損傷では意識障害も比較的速く回復するため、CTやMRI上で異常がなければ脳外傷はない、と急性期には見過ごされる可能性があることが挙げられる。

2010年4月28日 (水)

東京の大手法律事務所 債務整理一部を外注

 東京の大手法律事務所の債務整理の実情について、最近の愛媛新聞に大きく採り上げられていました。

 過払金が発生する場合の債務整理の主な流れは、①依頼者からの電話の受付、②債務状況の聴き取り、③受任契約、④貸金業者への受任通知発送と取引履歴開示請求、⑤利息制限法に基づく債務の再計算、⑥貸金業者との和解交渉、⑦依頼者への振込ということになりますが、報道によれば、この事務所は、②と④をコールセンター運営会社に、⑤をデータ処理会社に委託していたらしい。

 ②の後で、弁護士から電話があり、数分間形式的なやりとりを交わしただけで、後は事務所のスタッフが対応しただけということのようです。

 依頼人との聴き取りは、報告を含めると、1件の依頼事件でも、90分は必要です。初回相談で、40分くらい、引き直し報告で、30分くらい、交渉や訴訟結果報告で、20分は必要で、全てに弁護士が対応することになります。

 この大手法律事務所の弁護士が対応する時間は、報道だと、数分だけらしい。

 ただ、このような形態の法律事務所であっても、直接事務所に足を運ぶことがないというのは、依頼する人の中には、大きな魅力と感じる方もいるようです。

 しかし、過払金事案の相談だけではなく、負債が残る場合もあり、また、離婚して養育費の支払い等もしているのかなど、生活全般について質問に及ぶ場合など、生活設計の立て直しを一緒になって考えていくためには、弁護士による直接面談が電話や手紙による事情聴取よりも、最も適している方法です。

 また、訴訟ということになると、昨今は、過払金の返還を免れる目的などで、複数の会社が介在した結果、元々の会社が存在しない、或いは、資力がないという場合もあり、法律構成や事実主張について、苦慮されることも少なくありませんが、これらの作業は、全て「手作り」となります。

 利息制限法の計算も、一連、個別など複数の計算を行う必要もあり、また、外注の場合、プライバシー漏洩や計算ミスの際の責任の所在を巡って問題が生じる虞もあるため、スタッフにとって大きな負担にはなってはいますが、計算書については複数のスタッフでお互いに点検し合うということにしています。

 多重債務者の方の生活再建の視点をもっと重要視する必要があります。

 

 

2010年4月27日 (火)

【金融・企業法務】 フランチャイズ契約において、フランチャイザー側に詐欺的な契約締結の勧誘及び経営指導義務違反があるとして、フランチャイジーからの損害賠償等の請求が認められた事例 東京高裁平成21年12月25日判決

 判例タイムズNo2068号(4月21日号)です。

 本件事案は、食堂のフランチャイズチェーンを展開するY1と、Y1から加盟店募集業務及びスーパーバイジング業務の委託を受けたY2を被告として、Y1のフランチャイズチェーンに加盟し、その後脱退したXらが、Yi及びY2には債務不履行ないし不法行為があるとして、加盟金等の返還及び損害賠償を求めた事案です。

 本件におけるフランチャイズ契約は、エリアエントリー契約と呼ばれるタイプのもので、店舗を確保する前にフランチャイズ契約を締結し、フランチャイジーには特定の地域で優先的に出店する権利が与えられるが、11か月以内に店舗が確保できないことが契約解除事由になるというものでした。

 本件判決は、実際には店舗確保が困難なのに、Y2の援助により店舗確保は容易であると説明したことなどの点から、Y1及びY2の勧誘は詐欺に当たる違法行為であると判断して、加盟金の返還請求を認容した。

 また、本件判決は、Y1は、経営指導について専門性を有するスーパーバイザーを臨店させて経営指導を行う義務を負っていたが、Y1及びその履行補助者であるY2は、専門性を有するスーパーバイザーの養成を怠り、専門性の乏しいスーパーバイザーによる臨店指導しか実施しなかったことから、Y1は経営指導についての債務不履行責任を負うと判断しました。

 被害者の会のHPもあるようですね。

2010年4月26日 (月)

愛媛県内の弁護士事務所のHPやブログ

 最近では、愛媛の弁護士さんの中でも、ホームページやブログを開設されている方が増えています。私がホームページを開設したことは、大洲の奥島先生(現弁護士法人伊予)のところしかありませんでした。

 まず、今治支部からは、紹介することにします

① しまなみ法律事務所(HP)

  田舎弁護士の訟廷日誌(ブログ)  

  家庭弁護士の訟廷日誌(ブログ) 

② 森岡宗平法律事務所(HP)

③ 弁護士法人エル・アンド・ジェイ今治事務所(HP)

 次に、松山支部です。

④ 佐藤法律事務所(HP)

⑤ 森本明宏弁護士(ブログ)

 さらに、大洲支部です。

⑥ 弁護士法人伊予(HP)

⑦ 弁護士法人たいよう(HP)

 増えているといっても、まだまだ少ないですが(他にもあるのではないかもしれませんが私が判明している部分のみ)、若手、中堅弁護士を中心に増えるものと思います。松山が意外に少ないですね。

 ⑦の弁護士法人たいようのHPは非常に充実しており、今後参考にしたいと思います。happy01

2010年4月25日 (日)

フジグラン 今治に行ってきました

 最近、フジグラン今治に出没することが多いです。ほとんどは、子どもを連れていることが多いです。

 今日は、フジグラン今治内の映画館に出かけてきました。アリスインワンダーランドという映画ですが、吹き替え版もあり、子どもも見て大変喜んでいました。

 内容は、大人になったアリスが、昔の記憶を取り戻し、悪い女王をやっけるというありがちなパターンですが、ジョニーデップの演技のうまさもあって、結構おもしろく観ることができました。

 また、店内一階では、家具を売っていました。立派なものが結構リーズナブルな値段で売られていました。そういえば、今治でも家具屋さん少なくなりましたね。私の知る限り、ビッグウッドか、ワールドプラザに入っている店くらいしかわかりません。

 マツヤデンキの家具屋さんはなくなりましたしね・・・

 

2010年4月24日 (土)

【交通事故】 ベアリングがわかる本

 文系の法律家にとっては、機械がらみの案件は、???だらけで、どのように処理したらいいんのかわからないことが多く、頭を抱えてしますことが少なくありません。typhoon

 ベアリングについても、正確に理解できている法律家は一握りではないでしょうか?libra

 ベアリングについてわかりやすく解説された本はないかと探していたところ、先日、ジュンク堂大阪店を訪ねた際に、よさげな本を発見したので、紹介させていただきます。building

 ベアリングがわかる本 工業調査会(2007年5月)から出ています。rvcar

 私が知りたかったのは、ベアリングの寿命についてですが、解説がありました。

 ベアリングの寿命には、

 疲労寿命、潤滑寿命、音響寿命、摩擦寿命、精度寿命があるようです。

 寿命についても計算式があるようですが、数学式が書かれていても、????です。

 使用機械と必要寿命時間の表もありましたが、やはり数学式が書かれているため、???です。

 但し、「軸受の損傷と主な発生原因及び対策」という写真入りの表は、使えるかもしれません。happy01

2010年4月23日 (金)

【流通】 チェーンストアエイジ4月15日号

 チェーンストアエイジ4月15日号に、市場縮小で業界地図はこう変わる!という特集記事が組まれていました。

 多くの小売業がコスト削減や不振店舗の閉鎖などリストラに懸命な一方で、有望市場をにらんだ合従連衡も活発化しているようです。

 最近では、国内川下事業に大手商社が傾斜してきていること、例えば、伊藤忠商事の動きが活発化していることを採り上げていました。

 また、業態の垣根を突き破るコンビニエンスストアとドラッグストアの合従連衡も採り上げていました。

 カラフルな流通相関図が整理されていましたが、まさに戦国時代の戦国大名のマップのようです。

 PB商品を作るにしても、大手商社の蓄積した原材料調達ノウハウや生産拠点ネットワークを活用できれば、質の高いPB商品を開発することも可能です。

 市場が縮小傾向にありながら、生き残りをかけて各社いろんな戦略をねっているようです。

 さて、弁護士業界も、過払い事件を除き、全体として、市場規模は縮小傾向にあります。新しい分野の開拓も必要ですが、経営を成り立たせる程度のものには至ってはいません。他方で、弁護士の数はこの数年で急増しており、供給過大の状況に陥っています。このような状況の下で、弁護士事務所が生き残るためにはどうしたらいいのか?を探る方途として、今回の特集記事は、大いに参考になりました。

 「おかげさま」という名前の法律事務所があるようですが、消費者に満足していただける事務所造りに邁進していきたいと思います。

2010年4月22日 (木)

【交通事故】 交通賠償損害賠償額算定基準(黄色の本) 平成22年1月 

 (財)日弁連交通事故相談センター愛知県支部が出している交通事故損害賠償額算定基準(12訂版平成22年1月)、いわゆる「黄色の本」です。

 赤い本は、東京版、青い本は、全国版、白い本?は、大阪版、黄色の本は、名古屋版といったところです。

 さて、黄色の本の構成は、第1部が算定基準、第2部が名古屋地裁裁判例主要論点、そして、資料編から構成されます。

 以前の版では、むち打ちの他覚的所見がない場合の労働能力喪失期間について、12級が3~4年、14級が2年と記載されていたため、????と思っていましたが、12訂版では、12級が5年から10年、14級が2年から5年とされ、修正されていました。

 「これじゃあ、名古屋ではむち打ち症例は被害者に酷だなあ」と思っていたので、訂正されてよかったです。

 このあたりの経緯については、資料編に詳しく記載されていました。

 黄色の本と裁判実務との間でかなりの乖離があることが明らかになったので、訂正されたようです。

 

2010年4月21日 (水)

エミフル に 行ってきました

 先日は、子どもを連れて、エミフルに行ってきました。

 車は使わないので、今治駅から特急電車に乗って、JR松山駅経由で、伊予鉄の松山市駅から郡中線に乗り換えて、古泉駅下車です。

 今日は、子どもが「カメラマンしたい」というので、カメラのキタムラ(今治)で、レンズ付きフィルムを購入しました。

 025

 伊予鉄の古泉駅です。松山市駅から15分位です。片道300円です。若い女性がたくさん降りて行きました。

023  古泉駅では、エミフルのシャトルバスの乗り場があります。正面にエミフルが見えています。わくわくしますね。

022  エミフルの入り口です。撮影していたら、「車にひかれるよ」と子どもから注意を受けました。すみませんでした。

016  いつの間にか、でか~い デオデオ、ダイキ、ニトリ、レディ薬局などができていました。人、人、人です。ダイキでは、子どもが野菜を作りたいというので、種を購入しました。

 014

 レディ薬局が見えます。

017  映画館方面です。

 019

 映画館前です。子どもが「銀たま みた~い」 残念です。来週公開です。

 

 小さな噴水が断続的に出るエリアがあるのですが、子どもと一緒になって遊びました。

 昼食は、モスバーガーで、チーズ&レタスバーガを食べました。モスは、今治にも店があるのですが、よく食べに行くので、商品券目的に株主になっています。

 超高級外国車の展示会がありました。ちらと値段をみると、500万円とか、800万円とか・・・・ 「手がでん。」 800万円の車を持っていると、「女性にもてるのかな」と思う一方、「800万円もあれば、住宅ローンを返すのがさきじゃ」という気持ちの方がいささか勝ってしまうのでした。

 エミフルでは、子ども用のTシャツ、くつ、色鉛筆、カード、ハンカチと、事務所で日曜日なのに仕事をしている家内の土産を買って、くたくたになって、古泉駅に向かいました。

 「そういえば、自分のものは、全然買っていないじゃないか?」と、古泉駅で気がつきました。

 子ども用の、伊予鉄のい~カード(ICカード)を購入して子どもに渡したら、子どもは、大人気分で大はしゃぎでした。

 JR松山駅に戻ると、いつものようにキスケの湯に入りましたが、湯あがりに時計をみると、電車が出たばかり・・・

 そうなると、フジグラン松山に、チーズと、今晩のおかずを購入して、いつもの行きつけの喫茶店で時間調整をして、特急電車に乗って、今治に帰りました。

 フジグランのチーズが、私自身のお土産になりました・・・

 フジグラン松山の1階のチーズ売り場では、どれでも3個で、980円でお得になっています。

 エミフルは、今治から、遠いように思われがちですが、実際にはそのように感じませんでした。子どもと楽しみながら、訪ねているせいかもしれませんが、エミフルのあの品ぞろえは、四国でもダントツではないでしょうか。

 駐車場にも、高知ナンバーもけっこうみかけました。

 今日は、子どもも爆睡するでしょう。

2010年4月20日 (火)

【交通事故】 交通事故により、手、肩に障害が残り、手話に影響が及んだ場合に手話障害を後遺障害と認め、後遺障害等級12級相当とした事例 名古屋地裁平成21年11月25日判決

 判例タイムズNo1317号(4月15日)で紹介された名古屋地裁平成21年11月25日付け判決です。

 「手話障害」については、自動車損害賠償責任保険の後遺障害の基準がないことから、後遺障害の認定を受けることができません。

 今回の事案は、手話障害についても、裁判所では後遺障害の認定を受け得る場合があることを示したものです。

 「口話」の後遺障害等級認定基準は、以下のとおりです。

 まず、定義から入ります。

 語音は、口腔等附属管の形の変化によって形成されます。この語音を形成するために、口腔等附属管の形を変えることを、「構音」といいます。

 「語音」は、母音と子音とに区別されます。

 子音を構音部位に分類すると、次の4種類となります。

 口唇音 (ま行音、ぱ行音、ば行音、わ行音、ふ)

 歯舌音 (な行音、た行音、だ行音、ら行音、さ行音、しゅ、し、ざ行音、じゅ)

 口蓋音 (か行音、が行音、や行音、ひ、にゅ、ぎゅ、ん)

 喉頭音 (は行音)

 4級2号、6級2号にいう「言語の機能に著しい障害を残すもの」とは、4種の語音(口唇音、歯舌音、口蓋音、喉頭音)のうち、2種の発音不能のもの又は綴音機能に障害があるため、言語のみを用いては意思を疎通することができないものをいいます。

 9級6号、10級3号にいう「言語の機能に障害を残すもの」とは、4種の語音のうち、1種の発音不能のものをいいます。

 著しいかすれ声は、12級を準用しています。

 本判決は、

 「聴覚障害者において、手話は相手方と意思を疎通する伝達手段であり、健常者の口話による意思疎通の伝達手段に相当するものであって、手、肩に傷害を負って後遺障害が残り、手話に影響が及んだ場合には、その程度によって後遺障害と扱うのが相当である。

 そして、訴訟での後遺障害等級の認定は、自賠責後遺障害の等級を参考にするものの、口話と手話の手段の違いに照らし、意思疎通が可能かどうか、手話能力がどの程度失われているかを中心に個別的に判断するのが相当である。

 また、機能障害と言語障害と両方を評価したとしても、原告の主張するように口話の言語障害の場合にもありうることであり、手話特有の問題ではなく、また、労働能力喪失率の割合及び慰謝料額は必ずしも等級からそのまま導かれるものではないこともあり、これをもって手話につき後遺障害を認めることを否定するものではない」

 とし、原告の障害の程度を12級と認定しました。

 但し、自賠責の事前認定上では、右肩関節の機能障害により12級6号、右鎖骨の変形障害により12級5号、左手関節神経障害により14級9号で、併合11級の認定を受けています。今回、手話障害で、12級が認められたわけですが、「その他の原告の後遺障害等級を併せると、手話の障害の12級相当の障害が増えるものの、併合11級となり、等級に変わりない」と判断されており、今回の事案に限っては、それほど大きな意味はなかったように思われます。

 余り経験しない分野なので、参考になりました。happy01

2010年4月19日 (月)

【消費者法】 貸金業者に対する取引履歴開示依頼が、「過払金の発生を停止条件として過払金返還の履行を請求する民法153条の催告」にあたるとした事例

 日弁連消費者問題ニュース135号で紹介された大阪簡裁平成22年1月15日判決(確定)です。

 事案は、以下のとおりです。

 自己破産の申立を依頼された弁護士が、依頼者(原告)の取引終了後10年が経過する直前に「取引履歴開示依頼」と題する書面を貸金業者に送付し、開示を受けた取引履歴につき利息制限法所定の制限利率による引き直し計算をした結果、過払状態であることが分かり、取引終了から10年経過後になって「過払金返還請求通知書」と題する書面を当該貸金業者に送付し過払金返還請求をしたが、和解交渉が決裂したため、前記「取引履歴開示依頼」の送付から6か月が経過する前に訴えを提起したところ、被告が、前記「取引履歴開示依頼」には文言上、過払金を請求する旨や請求額が記載されていないから、民法153条の「催告」に当たらず、時効は中断していないとして、消滅時効を主張した事案です。

 裁判所は、

①被告は取引期間が長期間に及んでいることを認識していたから過払金発生の可能性を十分認識していたと推認されること

②前記「取引開示依頼」は、仮に過払金が発生していれば当然にその返還請求がなされることを前提としていると認められること

③原告代理人は被告から取引履歴が開示され、取引経過の詳細と過払金発生の事実を知った直後に前記「過払金返還請求通知書」を送付していること

 を理由に、前記「取引履歴開示依頼」は、過払金の発生を停止条件として過払金返還の履行を請求する「催告」にあたる旨判示し、消滅時効の抗弁を排斥しています。

 今回の判例は、過払金を請求する旨明示されていない通知書に、停止条件付きの催告と判断した点に特徴があります。

 

2010年4月18日 (日)

【行政】 市立小学校5年生の児童が学校の教諭から体罰を受けた後自殺したが、体罰と自殺との相当因果関係を認めて、被害児童の親権者の市に対する国賠請求が認容された事例 福岡地裁平成21年10月1日判決(控訴)

 判例時報No2067号(平成21年10月1日号)で紹介された福岡地裁平成21年10月1日判決です。

 本件は、北九州市立小学校5年在学中のAが自殺したのは、担任教諭Bの違法な体罰等が原因であるとして、北九州市に対して国家賠償法1条1項に基づき損害賠償を求めた事案です。

 裁判所は、担任教師Bの行為は、違法行為であると認定しました。

 Aは、体育と図工の授業を除き最初の5分ないし10分しか授業に集中できず、自分の席で漫画を読んだり落書きをしたり机にふせたりしており、Bより注意されても素直に聞き入れず、反抗することも多かったこと

 本件事故当時、教室内でAが新聞紙を棒状に丸めたものを振り回し、聴覚障害のある児童Cの顔にあてたことにつき、BはAの行動をいさめる必要性から、級友の居並ぶ教室内でAの胸ぐらを両手で掴みゆすったこと

 Bは、そのためAが床に倒れ、精神的にショックを受けたことに配慮することなく、Aの「帰る」との言葉を聞いて、感情的に「勝手に帰んなさい」と言い返して、そのまま背を向けて放置したこと

 これらのBの行為は教員に許容される懲戒権の範囲を越えた違法行為といえること

 Aが衝動的な行動に陥りやすい児童であることはBも十分に認識していたこと

 を考慮すれば、

 Bとしては、教室を飛び出したAを追いかけ、Aの精神的衝撃を和らげる措置を講ずるべき義務があるのにこれを放置せずAを放置した過失がある

 他方で、Aの自殺は、Aの心因的要因が相当程度寄与していること

 自殺自体が損害の拡大に寄与していること

 を理由に、損害額の90%を減額しました。

 

 指導が困難な児童に対して、先生が感情的な対応をしてしまったため、最悪の結果を招来させてしまったケースです。先生は、感情をあまり表に出さず、まじめにかつ誠実に仕事をこなす人物として信頼されていたようですが、今回は、感情が出てしまったようです。指導が困難な児童に対して、先生をサポートできるような態勢を構築していく必要を感じました。

2010年4月17日 (土)

【倒産】 金融機関の与信が破産者による保証ないし物上保証と同時交換的にされた場合であっても、破産者のした担保提供行為は無償否認の対象となるか 大阪高裁平成22年2月18日判決 (上告・上告受理申立)

 金融法務事情No1895号(2010年4月10日号)の判決速報で紹介された大阪高裁平成22年2月18日判決です。

 ところで、4月10日号から、金融法務事情が分厚くなりした。これは今まで、月に3回発行していたのを、月に2回の発行に変更したために、1回当たりの分量が多くなってしまったようです。ただ、個人的には、今までのようにやや薄い量の方が、読みやすいんですね。最近、きんざい主催の金融法務例会の年間回数も今年度から減らされたようで、残念に思っています。

 閑話休題して、本題に戻ります。

 事案は以下のとおりです。

 呉服・宝石等の展示会セールスに関する消費者紛争で社会的耳目を集めてきた会社の代表取締役の相続財産の破産管財人が、代表取締役が会社に対する債務の物上保証をした行為を無償否認した事案です。

 つまり、代表取締役の相続財産の破産管財人は、銀行に対する会社の債務の根担保として代表取締役が個人で所有する株式に担保設定した行為について、代表取締役死亡後にその相続財産に対する破産手続開始の申立てがされる前6か月以内にされた無償行為にあたるとして破産法160条3項により否認し、銀行に対して、破産法167条に定める原状回復として、担保権実行による株式売却代金の価額償還を請求した事案です。

 破産法160条3項

 破産者が支払の停止等があった後又はその前6月以内にした無償行為及びこれと同視すべき有償行為は、破産手続開始後、破産財団のために否認することができる。

 破産法167条1項

 否認権の行使は、破産財団を原状に復させる。

 大阪高裁の判決要旨は、以下のとおりです。

 ① 金融機関の与信が破産者による保証ないし物上保証と同時交換的にされた場合であっても、破産者のした担保提供行為は無償否認の対象となる。

 ② 代表取締役である破産者が担保設定にあたり主債務者である会社から保証料等の直接の対価を受領していない物上保証について、

 (1)融資を受けた会社の利益について、会社の法人格を否認ないし無視して、これを破産者の利益と同視し、破産者が担保設定の対価を受けていると評価できるまでの事情が認められず、

 (2)主債務者の倒産が即保証人の倒産に連なる場合であるというだけでは、担保提供の無償性を否定すべき特段の事情には当たらず、

 (3)融資によって破産者の有する株式ないし出資の価値が現実に維持された事実は認めるに足りない

 から、無償性を否定すべき特段の事情が存在するとは認められない。

 結局、銀行は、管財人に返還しなければならないことになったのですが、「リスクの高い中小企業融資を困難し、萎縮されるおそれもある」とも指摘されています。

 

 ところで、今回の金融法務事情は、法務人材育成に関連する記事で埋め尽くされていました。

 最高裁の民事局長の言葉として、「企業法務の担い手を目指す場合にも、法曹資格を取得することなく法科大学院卒業後直ちに企業に就職するような選択肢も検討されてよいであろう。新司法試験に合格して司法修習生となっても、法曹資格習得後の弁護士事務所等への就職が厳しい状況にあるといわれて久しいが、こうした将来のキャリアビジョンが決まっていないと、採用する側も納得するような説明ができないことから、就職活動がうまくいかない者も少なくないと思われる。」と紹介されています。

 法科大学院にいっても、敢えて法曹資格をとらないという選択肢が実際にありうるのか疑問を感じます。

 率直に、「弁護士が増えすぎて、需要がない」と言えばいいのではないかと思いますが・・・

2010年4月16日 (金)

【交通事故】 蹴ったバレーボールが頭に当たり、低髄液圧症候群発症の13歳女子中学生は国際頭痛基準の起立性頭痛なく後遺症もなく、約7か月の治療期間と認めた 大分地裁中津支部平成22年1月29日判決

 自保ジャーナルNo1819号で紹介された地裁判決(大分です。

 約8300万円の請求に対して、裁判所が認めた金額は、わずか60万円弱です。

 低髄液圧症候群についてわかりやすく整理されています。以下、判旨を引用いたします。

 低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)に関する医学的知見等について、次の事実が認められる。

 ア 低髄液圧症候群

 低髄液圧症候群は、脊髄から脳脊髄液が漏出して脳脊髄液腔の圧力が低下し、脳が脊髄に向かい沈下することによって頭蓋内の痛覚の感受組織が下方に牽引されて生じる頭痛を特徴的な症状としているところ、国際頭痛学会における国際頭痛分類の診断基準(ICHD-Ⅱ)は、次のとおりである。

 (ア)頭部全体又は鈍い頭痛で、座位又は立位をとると15分以内に増悪し、①項部硬直、②耳鳴り、③聴力低下、④光過敏、⑤悪心のうち少なくとも1項目を有し、かつ、同を満たすこと。

 (イ)少なくとも、①低髄液圧の証拠をMRIで認める(硬膜の増強など)、②髄液漏出の証拠を通常の脊髄造影、CT脊髄造影又は脳槽造影で認める、③座位髄液初圧は60ミリメートル水柱未満のうち1項目を満たすこと

 (ウ)硬膜穿刺その他髄液漏れの原因となる既往がないこと

 (エ)硬膜外血管パッチ(ブラッドパッチ)後、72時間以内に頭痛が消失すること

 イ 脳脊髄液減少症

 これに対し、近年、前記国際頭痛分類の診断基準(ICHD-Ⅱ)とは異なる診断基準を提唱する医師が現れ、脳脊髄液減少症研究会を組織してガイドライン(「脳脊髄液減少症ガイドライン2007」)を発表したところ、その主な内容は次のとおりである。

 (ア)脳脊髄液減少症は、脳脊髄液腔から脳脊髄液(髄液)が持続的ないし断続的に漏出することによって脳脊髄液が減少し、頭痛、頸部痛、めまい、耳鳴り、視聴覚障害、倦怠など様々な症状を呈する疾患である。

 (イ)頭痛、頸部痛、めまい、耳鳴り、視機能障害、倦怠、易疲労感が主たる症状である。これらの症状は、座位、起立位により3時間以内に悪化することが多い。これらの症状のほかに、①目のぼやけ、眼振、動眼神経麻痺、複視、光過敏、視野傷害、顔面痛、顔面しびれ、聴覚低下、めまい、外転神経麻痺、顔面神経麻痺、耳鳴り、聴覚過敏など、②意識障害、無欲、小脳失調、歩行障害、パーキンソン症候群、痴呆(認知症)、記憶障害、上肢の痛み・しびれ、神経根症、直腸膀胱障害など、③乳汁分泌など、④嘔気嘔吐、頸部硬直、肩甲骨間痛、腰痛などといった多彩に随伴症状のある例が報告されている。

 (ウ)画像診断としては、RI脳槽・脊髄液腔シンチグラムが現時点では最も信頼性の高い画像診断法である。これはラジオアイソトープ(放射性同位元素・RI)であるインジウム(髄液とともに膀胱に集積して尿として体外に排出される性質を有する。)を腰から髄液に注入し、その分布や残存量を確認して髄液漏れの有無等を確認する方法であるところ、この画像所見上、①早期膀胱内RI集積(RI注入3時間以内に頭蓋円蓋部までRIが認められず、膀胱内にRIが描出される。)、②脳脊髄液漏出像(くも膜下腔外にRIが描出される。)、③RIクリアランスの亢進(脳脊髄液腔RI残存率が24時間後に30%以下である。)のうち1項目以上を認めれば髄液漏出と診断する。他方、頭部MRI及びMRミエログラフィーは参考所見にとどめる。

 (エ)治療については、保存的治療(約2週間の安静臥床と十分な水分摂取など)から行うべきであり、症状の改善が得られない場合には、硬膜外自家血注入(ブラッドパッチ。患者の自己血を硬膜外腔に注入して髄液が漏れる部分をふさぐ治療法)が推奨される。

 ウ 医学界の現在の状況

 脳脊髄液減少症研究会のガイドラインは、日本脳神経外科学会や日本神経外傷学会においても採用されていないなど一般的なコンセンサスは得られていない(ガイドラインにも「脳脊髄液減少症が、まだ病態や発症機序、検査法、治療法については未解明な部分が多く、このガイドラインは暫定的なものであ・・・る」などと記載されている。)。

 他方、日本神経外傷学会は、現在、頭部外傷に伴う低髄液圧症候群の診断基準を検討しているところ、平成19年、次のとおり暫定的な診断基準等を中間報告した。

 (ア)低髄液圧症候群の診断基準

 aのうち1項目とbのうち1項目以上を満たすこと

 a ①起立性頭痛(頭部全体又は鈍い頭痛で、座位又は立位をとると15分以内に増悪する頭痛)、②体位による症状の変化(項部硬直、耳鳴り、聴力低下、光過敏、悪心)

 b ①造影MRIでびまん性の硬膜肥厚増強、②腰部穿刺で低髄液圧(60㎜㍍水柱以下)の証明、③髄液漏出を示す画像所見(脊髄MRI、CT脊髄造影、RI脳槽造影のいずれかにより髄液漏出部位が特定されたものを指すが、その基準は調整中である。)

 (イ)外傷性と診断するための条件

 外傷後30日以内に発症し、外傷以外の原因が否定的であること

 自保ジャーナルの解説には、「医学は患者を救うことが大前提であるが、それには臨床医学として科学的根拠に則ってなされた診断を行わなければならず、低髄液圧症候群という診断名によって本件女子生徒の真の病態が隠されてしまい、表在化しないまま長期間経過してしまったことを一番に憂慮する」と記載されていました。

 厳しい批判ですが、やはりガイドラインが裁判実務ではあまり重要視されないのは問題なので、司法判断にも耐えられるガイドラインを作成する必要があるようです。

 

 

2010年4月15日 (木)

【交通事故】 34歳女子の死亡逸失利益の算定につき、中間利息控除に「ホフマン方式を採用したことは不合理なものとはいえず」、ホフマン方式での中間利息控除の高裁判決を認めた 最高裁平成22年1月26日

 自保ジャーナルNo1819号(4月8日号)で紹介された最高裁平成22年1月26日判決です。

 逸失利益の中間利息の控除の方法としては、①ホフマン方式によるべきか、②ライプニッツ方式によるべきか、対立があるところです。

 以前は、従来の最高裁判決は、ライプニッツ方式及びホフマン方式のいずれも中間利息控除の算定方式として合理性を欠くものではないとしてきたため、10年ほど前は、東京地裁はライプ、大阪・名古屋地裁はホフマンが採用されていました。

 平成11年の三庁共同提言がライプニッツ方式を採用することを明言してからは、ホフマンはめっきり影が薄くなっていました。

 ところが、今回の最高裁判決は、三庁共同提言に一石を投じるものとして、大きな意味がありそうです。

 即ち、最高裁は、「原審が、その適法に確定した事実関係の下において、上告人の不法行為により死亡した被害者の逸失利益を現在価額に換算するための中間利息控除の方法としてホフマン方式を採用したことは、不合理なものとはいえず、原審の判断は、結論において是認することができる。」と判断しました。

 ところで、原審は、中間利息控除の方式はホフマンによらなければならないと言い切っていたのですね。これは、平成17年判決を正解せず、法令の解釈を誤るものと断定されています。

 今後の実務の運用は、裁判官の印象で、少し金額小さいかな?と思ったら、ホフマン方式を採用されたりされるのではないかと思ったりしています・・・・

2010年4月12日 (月)

【金融・企業法務】 金融法務例会 金融機関における提携ローンの割賦販売法対応

 先日、きんざいの金融法務例会に参加してきました(大阪銀行協会)。

 金融機関における提携ローンの割賦販売法対応というテーマで、いまをときめく東京の若手弁護士による研修です。

 講師の先生の名前をみてびっくり。私が昔司法試験に合格し修習生になるまでの間中大の多摩法職研究室で、後輩指導にあたるチューターをしていたことがありましたが、その時に大学に在籍していた当時の学部生の方でした。

 それが10数年経て、立場を逆転することに・・・・coldsweats01

 そういえば、この日の前夜は、大阪に泊まり、久しぶりに同期の弁護士と食事をしたのですが、一人は、某大手渉外事務所のパートナー弁護士に昇格し、もう一人は、内閣府の任期付官僚を経て今年イギリスに留学するとか・・・

 「田舎」でぼ~としていると、あっという間に置いていかれるように感じました。

 また、地下鉄では、相変わらず品のない過払い金を勧誘する広告がたくさんありました。

 都会はいろんな意味で刺激的です。

 ただ、大阪の人は、大阪を地方と感じている人が少なくないようですが、田舎弁護士にしてみれば、大阪は、「大都会」です。

 

 

2010年4月11日 (日)

西宮簡裁

 先日、所用で、西宮簡裁に行ってきました。

 まずは、JR西宮駅です。とてもかわいらしい駅です。

 157

 西宮駅周辺の様子です。ニトリ等が入っています。 

156_2

 154

 西宮簡裁です。桜がきれいで、待合室からは、立派な木を観ることもできました。

今治からは、新幹線の新大阪駅到着した後、JR神戸線で20分程度で西宮駅に着くことが可能です。

 途中、尼崎を経由しましたが、大阪から非常に近い所にあったんですね。

 きれいな街のように感じました。確か、関西学院大学があったのでは? 兄が関学OBで、学生のころ、西宮とかいっていたような記憶があります。

2010年4月 7日 (水)

【流通】 食品トレーサビリティ

 チェーンストアエイジ・2010年4月1日号で紹介されていた記事です。

 食品トレーサビリティについての特集です。

 トレーサビリティとは、trace(追跡)と、ability(可能性、能力)の2つの単語を合わせた造語であり、直訳すれば、追跡可能性、即ち、食品の移動を把握する可能性や能力を意味します。

 2001年のBSE(牛海綿状脳症)が日本にも上陸したことに伴い、2003年12月からデータベース化が始まった「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」、いわゆる牛肉トレーサビリティ法が成立し、2004年12月1日からは外食や小売りの売場での個体識別表示が始まりました。

 2010年10月から、米トレーサビリティ法によって、米穀や米菓、清酒などの米関連製品では産地名や入出荷日などの表示が必要になり、小売りの現場でもそのために準備を進めているところです。

 牛肉、米以外の食品についても、農林水産省の委託を受け、関係する業界団体がとりまとめ役となって着々進んでいるようです。

 手引きについても、青果物、貝類、養殖魚、のり、豚肉、鶏肉等が作成されているようです。

 そして、この記事では、主要なGMSが、どのようにカスタマーに明示しているのか、HP上で探ってみたようです。

 例えば、イオンは、生産者検索がHPで簡単にできるようになっています。このあたりの配慮はさすがイオンさんだと思います。

 記事にも、「この点に関しては、一定規模の売上ボリュームを期待できるイオンとイトーヨーカ堂が、リージョナルのSMチェーンよりも、一歩も二歩も先行していた」(同書P107)と書かれていました。

 「トレーサビリティ」 記憶しておかなければならない言葉の一つです。

 

2010年4月 6日 (火)

【金融・企業法務】 銀行のグループ会社の議決権保有・業務範囲規制

 銀行法務21・4月号(No715)に、弁護士による「銀行のグループ会社の議決権保有・業務範囲規制」というテーマの解説記事が載っていました。

 余り田舎では関係ないようなお話ですが、ごく稀に、金融機関に優先株式を割り当てているような案件などで、銀行法との関係を尋ねられたりすることがあります。

 とはいっても、田舎弁護士の知識としては、銀行法の5%ルールとか、独占禁止法による制限とか、優先株式のような場合には議決権として扱われないとか位の知識しかありません。wobbly

 こんなご相談は、逆に、ご相談者からの方がよほど知識がある場合がほとんどです。coldsweats01

 弁護士だからといって、残念ながら、全ての法律に精通しているとは限らないし、また、全ての法律に精通している弁護士なんて存在しないでしょう(開き直りですみません)。

 とはいっても、精通している法律の数は増やしていきたいとは思います。

 

2010年4月 5日 (月)

多重債務者を食う弁護士

 嫌なタイトルですが、ニュースで報道されていました。

 報道の一部を引用します。

 「債務整理請け負います」。消費者金融8社に計約500万円の債務があった秋田市の男性(64)は2005年2月、スポーツ紙でそんな広告を見て都内の弁護士を訪ねた。対応したのは事務所の女性事務員。1年半後の06年8月、弁護士事務所から突然、「和解通知」が届き、〈1〉債務を約164万円減額〈2〉過払い金はゼロ〈3〉着手金や成功報酬などの手数料は総額約172万円――などと記されていた。

 不審に思った男性が多重債務者の支援団体に相談し、債権者から資料提供を受けて調べたところ、書面には記載がなかった過払い金が100万円以上あることなどが判明。男性は「裏切られた思いだ」と憤る。

 この弁護士は、資格のない事務職員に債務整理を行わせたとして08年12月、東京弁護士会から懲戒処分を受け、自ら弁護士登録を取り消した。同事務所では900件以上の債務整理を同時に受けていたという。

 弁護士の業務を「自由競争」に委ねるとこのような消費者被害が弁護士によってもたらされることは、以前から指摘されていました。

 最近では、このような「とんでもない話」はしばしば耳にすることが少なくなく、同じ弁護士として、「肩身が狭い」思いです。

 私の事務所では、報酬委任契約書の締結及び交付、書面による詳細な報告書の交付、面前での弁護士による打ち合わせ、打ち合わせの内容を書面化した回答書の交付、示談書原本の返還、精算書の確認及び交付、受取書類の確認及び交付を行っております。

 ところで、弁護士によるこのような被害は、地元の弁護士会が多重債務者のための相談会を率先して積極的に行わないから生じた面もないわけではないのではないかとも思います。

 ただ、法曹人口の拡大で益々弁護士間の競争は激しくなることは予想されますので、近い将来、弁護士による消費者被害は大きな問題になるのではないかと思っています。法科大学院の人気は下がるばかりです。

 利用者の自己責任としてすませてしまうことができるのか疑問です。

 

2010年4月 4日 (日)

【建築・不動産】 背信行為の法理 最高裁平成21年11月27日判決  【告知】 新人弁護士募集エントリー

 判例時報No2066号(4月1日号)で紹介された最高裁平成21年11月27日判決です。

 事案は、よくありそうな内容です。

 本件は、本件土地の賃貸人であるXが、賃借人であるY1による無断転貸を理由に本件土地の賃貸借契約を解除したとして、Yらに対して本件土地上の建物を収去して本件土地を明け渡すこと及び賃料相当の損害金を支払うことなどを求めたもので、争点は、無断転貸につき賃貸人に対する背信行為と認めるに足りない特段の事情があるか否かが問題となった事案です。

 Y1は、妻であるY2と長男であるCと同居し、CはY3と結婚しましたが、後日離婚し、Cのみが土地を離れました。Y3ではないんですね。

 平成9年にY1は建物を建てかえて、Xに、Y1が持分10%、Cが持分70%、Y2が持分20%とすることについては承諾しましたが、実際には、Y1は持分を取得せずCが70%Y2が30%になっていました。

 平成17年には、Cの持分は財産分与としてY3に全て分与しましたが、Xの承諾は得ていませんでした。

 第1審は、Xの請求棄却しましたが、第2審はなんとXの請求を認めました。

 最高裁は、Xの請求を棄却しました。

 その理由は、解説によると以下のとおりです。

 本件の各無断転貸には、

①同居の親族間の転貸であり、それにより借地の利用状況に変化が生じていないこと

②第1転貸は賃貸人による承諾の内容と現実の転貸の内容の差異が小さいこと

③第2転貸は離婚に伴う財産分与が契機となったこと

 などの事情があり、

 Xの承諾を得なかった賃借人Y1の背信性と、本件解除を有効と認めた場合に、Yらが被る不利益、すなわち、借地権を失うのみならず、本件建物を収去して長年家族で居住してきた本件土地から他へ転居せざるえないことなることが均衡を失しているとの考慮があったのではないかと思われると説明されていました。

 (告知)

 ところで、ブログで新人弁護士を募集しているお話をさせていただいたところ、大変ありがたいことに、現在、複数の方からのお問い合わせがあります。エントリーは、平成22年4月15日までとさせていただきます(担当八木)。

 

 

2010年4月 1日 (木)

フジ 入社式

 午前10時30分から、フジの入社式がありましたので、その出席のため、松山に行きました。

 今週は、29日が松山、30日が高松、1日(今日)が松山で、出張が多く、来週も、8日が西宮、9日が大阪、10日が松山出張の予定になっており、事務所(今治)で執務を行う時間がなかなかとれません。

 フジ(グループ)の入社式に参加させていただきましたが、誠にフジらしい入社式で、堅実な社風にそった控えめでありながら、やる気満々を感じられ、とても気持ちのよい入社式になっていたと思いました。

 フジの役員等の他のほか、関連会社の代表者の方も多数出席されていました。

 また、新入社員の方やそれを歓迎する若い社員の方の言葉もありました。

 社員の方の言葉をききながら、20年前の自分を思い出しながら感慨に浸ってしまいました。

 そういえば、今日の朝の特急電車は、新入社員のようなフレシュマンやウーマンで一杯でした。10数年前の司法研修所の入所式を懐かしく思い出しました。

 入所式自体は午前11時過ぎに終了しました。

 終了直後、事務所から事務所の顧問先の方が大至急ご相談したいという連絡が携帯電話に入ったため、とんぼ返りに特急電車に乗って正午過ぎに事務所に戻りました。

 弁護士が事務所にいないと当然相談を入れることもできないため、ご相談者の方の相談に早急に対応することはできないことにもなります。できるだけ早期に改善していきたいとは思っていますので、しばらくご猶予下さいますようお願いいたします。 

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ