励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【愛媛弁護士会住宅紛争審査会】 実務研修 高松 | トップページ | 【金融・企業法務】 破産財団は、破産法人の基準期間における課税売上高を引き継がない別の法主体であるか(福井地裁平成19年9月12日) »

2008年3月 1日 (土)

【法律相談】 知人からの電話,ファツクスによる相談

 tamago先生のブログに、知人からの電話,ファツクスによる相談で、対応に困っているとの内容が記載されていました。

 確かに、知人と言うことで、延々相談の電話をかけてくる方が少しられます。

 普段からお金をいただいている顧問先関係者や、現在ご依頼を受けている方の別件相談、他種の士業からの相談(お互い様)であれば、快く対応できるのですが、単に知人と言うことだけで、顧問先と同じようなサービスを提供させることを求めるのは、いかがなものかと思います。

 1度目は渋々対応することがありますが、やはり2度目ということになると、はっきり理由を申し上げてお断りさせていただくことにしています。

 電話の相談くらい気軽にのってもいいじゃないかという声も聞こえそうですが、私の事務所では、1日に200件くらい相手方や依頼人の方などから電話がかかってきます。業務時間中に、30分電話で対応すると、業務に支障ができることが必至なのです。30分時間があれば、電話の応対もできるし、また、簡単な書面が1通書けます。

 知人といえども、きちんと予約の上、相談料金を支払って相談にきていただくことがマナーではないでしょうか?

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 【愛媛弁護士会住宅紛争審査会】 実務研修 高松 | トップページ | 【金融・企業法務】 破産財団は、破産法人の基準期間における課税売上高を引き継がない別の法主体であるか(福井地裁平成19年9月12日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【愛媛弁護士会住宅紛争審査会】 実務研修 高松 | トップページ | 【金融・企業法務】 破産財団は、破産法人の基準期間における課税売上高を引き継がない別の法主体であるか(福井地裁平成19年9月12日) »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ