励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【新人弁護士募集要項】 | トップページ | 【交通事故】高速道路料金所手前でETCレーンに入るか否かを迷って停止寸前で追突された乗用車の過失を、30%と認めた事例(東京地裁平成18年8月9日) »

2008年2月 1日 (金)

最近の過払い金事情 愛媛・今治 

 相変わらず、任意整理のご相談は多いです。

 元のご依頼人様がご紹介してくださるケースがほとんどです。よかったと感じてくれたからご紹介していただけるのであって、非常にありがたく感じています。

 私の事務所でも、受任通知 → 引き直し計算 → 依頼人と協議 → 交渉 → 決裂 → 訴訟 という流れで、対応していますが、ところが、最近、受任通知が届かずに戻ってきてしまうケースが増えています。とくに日掛け業者や会社でない個人業者に著しいです。

 また、意図的に取引履歴の開示や回答を引き延ばすケースや、長期の分割払いを提案してくるケース、過払い金の入金が5ヶ月も先になる等ケースが、ものすごく増えています。

 昨年の2月ころと比べると、任意整理が非常にやりにくくなっています。(T_T)

 提訴すればいいのですが、相手方が争ってくるケースだと1年くらいかかるのですね。裁判所にはなんとかして早く終わらして欲しいと思っていますが。

 過払い金特需とか言われていましたが、それも感覚的には、今年くらいまででしょうね。

 今治でも、かなり業者が撤退してしまいました。

 平成18年、19年は、任意整理案件が相当多くあり、事務所の売上げも伸びましたが、平成20年は、どうなることやら。

 過払い案件があまりなかった平成17年に戻るだけであればいいのですが、全体的に、過払いと離婚・交通事故を除く一般民事家事事件は減っているような気がしますね。 

 新人弁護士の先生には、営業 いや、広報活動でもしてもらいましょうか (^_^;)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 【新人弁護士募集要項】 | トップページ | 【交通事故】高速道路料金所手前でETCレーンに入るか否かを迷って停止寸前で追突された乗用車の過失を、30%と認めた事例(東京地裁平成18年8月9日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【新人弁護士募集要項】 | トップページ | 【交通事故】高速道路料金所手前でETCレーンに入るか否かを迷って停止寸前で追突された乗用車の過失を、30%と認めた事例(東京地裁平成18年8月9日) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ