励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 「 新人弁護士は 就職難 」 日本経済新聞11月25日 | トップページ | 今年も残り少なくなってきました。 »

2007年11月27日 (火)

過払金 愛媛 今治

 債務整理の相談者で、過払金が発生する事案が最近下火になってきたような印象を受けます。

 反対に、負債が残るケースも少なくなく、消費者金融も経営が悪化しているのか、そのようなケースの場合には、一括払いを強く要求してくるところもあります。

 高齢者のご相談者の方の場合、1社だけで数百万円を取り戻せたこともありますが、若い方の場合には、取引期間が短いため、そううまくはいきません。

 取引期間が10年を超えるような場合には、着手金を後払いにしたりして、対応させていただくこともありますが、中には、取り寄せした取引履歴をみると、数年前に、低金利での和解をしていることもあり、ほとんど減額できず、ほとんどただ働きのような結果もありました。

 最近では、業者が倒産したり廃業するところもあり、また、経営悪化のため、過払い金の返還について、長期の分割払いを主張してくるところもあります(示談レベルではまだ理解できますが、裁判してもそのようなことを申し入れてこられるのにはまいります。)。

 さらには、完済後に、データを抹消したり、酷い場合には、取引継続中なのに、データを抹消し、利息制限法による再計算を妨害するような所もあります。

 そういえば、ニコスも退職者を募っているとか報道されていましたが、少し前までは、消費者金融は、儲け頭だったのに、その変化の大きさにびっくりします。

 世の中、何があるかわかりません。

 できることといえば、まじめに働き、きちんと貯金をしておくことでしょうか?

 話は戻りますが、なぜか、私の事務所に、西条市の方はあまり相談にこられませんが、新居浜市・四国中央市の方は、結構おいでになるのですね。いつも遠方から恐縮しています。ありがとうございます。<(_ _)>

 人気ブログ

« 「 新人弁護士は 就職難 」 日本経済新聞11月25日 | トップページ | 今年も残り少なくなってきました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「 新人弁護士は 就職難 」 日本経済新聞11月25日 | トップページ | 今年も残り少なくなってきました。 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ