励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 普通預金口座(総合口座)を開設して普通預金取引を継続している個人に対し、銀行が警察署からの依頼に基づいて普通預金規定の定めを根拠として預金取引を停止し、かつ、1年6か月(但し、第1審口頭弁論終結時を基準)にわたって同停止措置を継続した場合に於いて、本件認定事情のもとでは、同停止措置及びその継続が ①不法行為に該当せず、②債務不履行に該当せず、さらに、③預金返還請求権の行使もできないとされた事例(平成19年2月14日東京地裁)(控訴) | トップページ | 貸金業者の取引履歴開示拒否について、開示義務を負わない特段の事情があると認められないとして、取引履歴開示義務違反が認められた事例(東京高裁平成19年1月25日)(確定) »

2007年6月22日 (金)

光市母子殺害事件

 光市母子殺害事件の担当弁護士に対して懲戒申立や脅迫行為などが行われているようです。

 担当弁護士の説明する事件の内容が極めて不自然であることから、相当な反発を受けているのだと思います。

 私自身も、ニュースで、弁護人の説明をきいて、正直、憤りを感じました。まず、腹を立てない人はいないでしょう。

 ただ、弁護人の使命は、被告人の権利を擁護することにあります。被告人の権利を擁護とは、結局、被告人が言いたいことを裁判所に伝えるということになります。そして、弁護人は法律家ですから、被告人が主張していることを法律構成をしなければなりません。

 しかし、被告人が極めて不自然な主張をしている限り、どうしても法律構成も技巧的にならざるをえず、不自然なものになりがちです。

 私は、刑事事件の弁護は余り好きではないので、弁護士会で義務づけられている国選事件しか担当しませんが、それでも、被告人が不自然な主張をしている時には、説得はするものの(かえって量刑が重くなるとかいいます)、本人がどうしても納得しない場合には、本人の主張をきちんと法律構成してあげます。

 被告人の味方は、唯一、刑事弁護人だけであることが少なくないからです。

 弁護人が被告人の主張に沿わない主張を行えば、これこそ、被告人から懲戒申立が行われる場合もあります。

 当然のように、裁判所からみれば、弁護人の主張は、不自然であり到底信用できないということになりますが・・・・

 しかし、法律構成はできても、やはり不自然な弁解です。

 最高裁は、本件事案は、原則として、死刑相当事案であるが、無期懲役に減軽されるべき情状があるのかどうかを審理するため、高裁に差し戻した事案だと思います。

 認定された犯罪行為自体を動かすことはもやは困難だと思います。

 従って、私としては、情状立証を中心に弁護した方がいいのではないかと思います。

  しかし、被告人が知人宛に送ったとされる手紙や、今の不自然な弁解をきく限り、逆に、死刑を回避できるような情状は乏しいのではないかと思います。

 とはいっても、被告人側が不自然な弁解をしているからと言って、弁護人に対して、懲戒申立などの攻撃を行うのは、問題があると思います。

 私などは、非常に気の小さい人間ですから、世論の反発を受けるような刑事弁護は受けることはできないと、萎縮しております。

 何とぞ、刑事弁護人の使命をご理解していただき、冷静な目で見ていただければと思います。伏してよろしくお願い申し上げます。

  人気ブログ  

« 普通預金口座(総合口座)を開設して普通預金取引を継続している個人に対し、銀行が警察署からの依頼に基づいて普通預金規定の定めを根拠として預金取引を停止し、かつ、1年6か月(但し、第1審口頭弁論終結時を基準)にわたって同停止措置を継続した場合に於いて、本件認定事情のもとでは、同停止措置及びその継続が ①不法行為に該当せず、②債務不履行に該当せず、さらに、③預金返還請求権の行使もできないとされた事例(平成19年2月14日東京地裁)(控訴) | トップページ | 貸金業者の取引履歴開示拒否について、開示義務を負わない特段の事情があると認められないとして、取引履歴開示義務違反が認められた事例(東京高裁平成19年1月25日)(確定) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 普通預金口座(総合口座)を開設して普通預金取引を継続している個人に対し、銀行が警察署からの依頼に基づいて普通預金規定の定めを根拠として預金取引を停止し、かつ、1年6か月(但し、第1審口頭弁論終結時を基準)にわたって同停止措置を継続した場合に於いて、本件認定事情のもとでは、同停止措置及びその継続が ①不法行為に該当せず、②債務不履行に該当せず、さらに、③預金返還請求権の行使もできないとされた事例(平成19年2月14日東京地裁)(控訴) | トップページ | 貸金業者の取引履歴開示拒否について、開示義務を負わない特段の事情があると認められないとして、取引履歴開示義務違反が認められた事例(東京高裁平成19年1月25日)(確定) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ