励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 高虎号&タオル美術館~今治観光案内~ | トップページ | 第60期司法修習生  »

2006年11月30日 (木)

問題の多い多重債務者

 複数の消費者金融から、多数の借り入れのある方を、多重債務者と呼んでいます。

 多重債務者からの相談を受けると、リストラや、他人の保証などのように、多重債務に陥ったことが、自己責任に由来しない方もいますが、高価品の購入など浪費など自ら招いたものである方も決して少なくありません。

 多重債務者側にも、大きな問題がある事例が少なくないため、少し、紹介します。

 Aさんは、月賦で、ソフトを大量に買い込み、それを直ちに、リサイクルショップに行って売却しています。所有権留保されているものであるため、横領行為となります。

 Bさんは、破産をすることをわかっていて、消費者金融から、借り入れを行います。直前借り入れといわれるもので、詐欺に該当します。消費者金融には、極度額といって、借りることのできる限度額(枠)がありますが、この枠を利用して、破産の費用に充てようとした人がいました。枠を、あたかも、預貯金のように思っているのです。事前にわかったので、即刻、お引き取り願いました。直前借り入れは、裁判所でも、審査が厳しく、介入通知2ヶ月~3ヶ月前の借り入れがある場合には、免責をとるのが難しい場合がでます。

 Cさんは、知人や友人を債権者名簿に搭載しようとはしませんでした。また、保証人がいるような債権者の場合も、債権者名簿に登載することをためらう方がいます。気持ちはわかりますが、偏頗弁済といって、免責不許可事由の1つとなります。

 Dさんは、自宅の名義を変更していました。債権者に対する詐害行為であり、悪質です。裁判官に厳しく叱責されることになります。

 Eさんは、個人再生の申し立てをした時、債権者を隠していたため、これが原因で、後日、多大な借金ができてしまいました。

 皆さんは、決して、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんのようなことはしないようにしてください。

 免責が認められないばかりか、悪質であれば、刑務所に服役することにもなりかねませんよ。

  働いてえた給料の中からではなく、借りて返すような状態に至った場合には、近くの弁護士、司法書士に相談されることをお勧めします。

 人気ブログ

« 高虎号&タオル美術館~今治観光案内~ | トップページ | 第60期司法修習生  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122347/12884707

この記事へのトラックバック一覧です: 問題の多い多重債務者:

» 多重債務問題と行政の役割を考えるシンポジウムin名古屋/12月17日開催 [みどりの一期一会]
今日から「師走(しはす)」。  早いもので、ことしもあと1ヶ月です。 年をとると1年があっという間に過ぎていきます。 一日一日を大切に・・・・と思いながら、毎日ブログを書いています。、    わが家のハクモクレンとユリノキも紅葉し、 もうすぐ葉を落として、冬支度です。       オーシャンブールーとマリーゴールドは、 まだまだ頑張って咲いています。 一日一回{/star/}{... [続きを読む]

« 高虎号&タオル美術館~今治観光案内~ | トップページ | 第60期司法修習生  »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ