励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 銀行法務21・2006年1月 | トップページ | 第三者異議の訴えに法人格否認の法理の適用があるか? »

2006年1月10日 (火)

被疑者との接見が電話で可能に。

 今日の新聞には、被疑者段階でも国選弁護人が選任されることに伴い、被疑者との面接が電話でも可能にする方向で改正するとの記事が載っていました

 来年くらいを予定し、まず、遠隔地の留置場からスタートするようです。

 私は、基本的には、顧問先の紹介があるときだけしか刑事弁護(私選)を受任しないため(つまり、ほとんどやらないということです。)(なお、国選事件は弁護士会で受任を義務づけられていますので、必要最低限の範囲で引き受けております。)、電話での接見に余り感慨がありませんが、刑事事件を多くてがげていらっしゃるヤメ検の弁護士や、岩手県や北海道のような弁護士数や地域が広い弁護士にとっては朗報なのでしょうね。

 ただ、国選事件で、電話による接見が可能になると、一度も直接、面会をしないで、電話だけですます弁護人も出てくるかもしれませんね。(^_^;)

 

« 銀行法務21・2006年1月 | トップページ | 第三者異議の訴えに法人格否認の法理の適用があるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122347/8100813

この記事へのトラックバック一覧です: 被疑者との接見が電話で可能に。:

« 銀行法務21・2006年1月 | トップページ | 第三者異議の訴えに法人格否認の法理の適用があるか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ