励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« (財)損害保険事業総合研究所 | トップページ | 構造計画書偽造事件 »

2005年11月29日 (火)

西村真吾逮捕

 遂に、弁護士でもある西村真吾議員が逮捕されてしまいました。弁護士が非弁提携で逮捕されるケースが最近多いのですが、今回は通常の事案とは大きく異なります。

 非弁提携で弁護士が逮捕されるケースのほとんどは、債務整理屋が法律事務所に事務局長という名目で参加して、債務整理については、弁護士は関与せず、実際の手続は事務局長が全て行ってしまうというケースです。独立したての弁護士や、高齢の弁護士が、債務整理屋の餌食になるケースが多いようです。この場合の債務整理は、通常、まともな整理手続を行っていないため、依頼者は結局食い物にされてしまいます。

 西村議員のケースは、政治資金を捻出するため、元事務職員に、名義を貸して、示談交渉をさせたようです。西村議員の指導監督が及んでおれば、問題ないわけですが、ほとんどそのような監督はなされていなかったようです。秘書の折角資格があるのだからもったいないという言葉で、名義を貸してしまったようですが、国会議員だけではなく弁護士に対する国民の信頼を大きく裏切る行為であり、弁護士会での処分も、除名又は退会命令など相当厳しい処分になることが予想されます。

 核武装発言は到底容認できませんが、北朝鮮に対する姿勢についてはある意味共感を覚えるところもありましたので、残念ではあります。

« (財)損害保険事業総合研究所 | トップページ | 構造計画書偽造事件 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (財)損害保険事業総合研究所 | トップページ | 構造計画書偽造事件 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ