励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 権利保護保険研修 | トップページ | なつかしい本 »

2005年7月13日 (水)

債務整理

 債務整理の相談で、よく、サラ金だけ整理をして下さいとお願いされることがあります。よく話をきいてみると、銀行など他にも借入があり、これらの借入額は、数百万円にのぼっており、それらの返済も考慮すれば、実際は、破産又は個人再生事案が妥当なのではあるが、殊に破産には抵抗感を示す方が多いように感じられます。

 このような場合には、一般的には、近い将来、支払い不能な状態になることがめにみえているため、お断りするのですが、このお断りが難しいのです。どうして受けてくれないのか、立腹する方が多いのです。

 また、弁護士にたのめば、サラ金の借金は、0にしてもらえるかのように錯覚する方もおられる。このような場合、なぜ、0になると聞いているのか質問すると、回答できません。おそらく、利息制限法での引き直し案件が背景にあるのでしょうが、取引期間が短いもの、期間中借入があるものについては、弁護士も神様ではありませんから、無理なものは無理です。

 弁護士による任意整理の場合、普通、サラ金は、金利を0%にしてもらえますが、そうすると、サラ金も商売ではなくなりますから、示談で決まったことはきちんと支払っていくべきでしょう。しかし、依頼時は、絶対に先生に迷惑をかけませんと言いながら、実際には滞ってしまう依頼者が少なからずおります。うちの場合は、できるだけプール金ができるよう工夫をして、支払いができない時期があってもプール金で2~3ヶ月くらいはまかなうことができるようにしております。滞ってしまう場合には、債権者から強く苦情を述べられるため、滞りそうな依頼者の場合には、破産を勧めておりますが、なかなか、それに応じて貰えない相談者も多く、受任を断るケースもあります。

« 権利保護保険研修 | トップページ | なつかしい本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122347/4952724

この記事へのトラックバック一覧です: 債務整理:

« 権利保護保険研修 | トップページ | なつかしい本 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ