2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

歯科

【脳神経外科】

2018年12月 9日 (日)

【脳神経外科】 脳腫瘍部分切除術を受けた後に死亡した事案

 判例時報No2383号で紹介された東京地裁平成29年10月26日判決です。

 Kimg6014
 第1の争点は、亡Aが悪性高熱症を発症していたかという点です。

 裁判所は、現在の医学的知見では、術後悪性高熱症自体が稀である上、術後1時間以上経過して体温が上昇した患者が悪性高熱症を発症している可能性はさらに低いものとなるところ、亡Aの高体温が確認されたのが麻酔終了後約8時間を経過した後であることなどを根拠に、悪性高熱症を発症していたとまではいえないと判断されました。

 第2の争点は、悪性高熱症の疑いのあった12月7日午前0時又は8日午前0時までにダントロレンを投与しなかったことに過失があるかという点です。

 当該時点んにおける亡Aの症状は、悪性高熱症の疑いの程度は高いものではなかったとして、Yの責任を否定しました。

 第3の争点は、本件病院の医師が亡Aの適切な治療を受ける期待権を侵害したか否かという点です。

 本判決は、期待権の侵害が成り立ちうる前提として、当該医療行為が著しく不適切なものである必要があるところ、本件医療行為が著しく不適切であるとは認められないので、Xらの主張は理由がないとしました。

 適切な医療行為を受ける期待権の侵害も問題となっていますが、最高裁平成23年2月25日判決が、医療行為が著しく不適切なものである事案について検討しうるにとどまると判示しているところ、本判決もこの立場を踏襲しております。

2018年8月 8日 (水)

【脳神経外科】 脊椎脊髄ジャーナル 2008年4月号

 脊椎脊髄ジャーナル 2008年4月号です。5000円+税です。脊椎脊髄ジャーナルは、日本損害保険協会の医療セミナーを受講した際に、講師の医師から勧められて購入したという記憶があります。

 Kimg0764

 2008年4月号のテーマは、腰部脊柱管狭窄症でした。交通事故事案では、頸椎や腰椎を痛める方が多いので、医療セミナーにおいても、この分野は中心的なものとなります。coldsweats01

2018年8月 6日 (月)

【脳神経外科】 脳動脈瘤とくも膜下出血 医学書院

 医学書院から、平成25年にでた「脳動脈瘤とくも膜下出血 」です。値段は、8000円+税です。

 Kimg0828

 くも膜下出血が外因性か内因性かということが争点になったときに購入したという記憶があります。なお、第17章は、くも膜下出血(脳動脈瘤)にかかわる医療訴訟についての論文が収録されています。

 Kimg0536
 田舎弁護士も少し前までは、難しい裁判していたんだなと改めて感心です。

2018年8月 4日 (土)

【脳神経外科】 標準脳神経外科

 医学書院から、平成26年に出た「標準脳神経外科第13版 」です。現在では、第14版がでているようです。値段は、7000円+税です。

 Kimg0817
 医学書院の、標準シリーズは使いやすいですよね。この書籍も、脳血管障害、頭部外傷、脊髄・脊椎疾患、抹消神経の外科等を取り扱っております。

 田舎弁護士は交通事故事案を多く取り扱っているので、脳神経外科関係の書籍も結構持っております。中身は読めておりませんがcoldsweats01

2018年8月 2日 (木)

【脳神経外科】 NS 脳神経外科学 三輪書店

 三輪書店から、平成25年に出版された「NS 脳神経外科学」です。現在では、第四版がでているみたいです。値段は、第三版で、7000円+税です。

 Kimg0789
 脳血管障害、頭部外傷、脊髄・脊椎疾患、抹消神経の外科等、交通事故事案を取り扱う弁護士にとっても、使いやすい内容の書籍となっております。

最近の記事

最近のコメント

法律書