2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

歯科

【医療セミナー】

2018年10月26日 (金)

【医療セミナー】  画像鑑定の基礎 MRIについて

 東京日比谷で開催された「画像鑑定の基礎 MRIについて」を受講いたしました。

 Kimg5201
 最近、交通事故事案や医療過誤事案等医療に絡む相談や依頼を受けることが増えております。

 特に、交通事故事案においては、弁護士費用特約の普及に伴い、画像鑑定費用も支払っていただける損保会社が少なくないので、鑑定会社から、医学意見書をいただくことも増えております。

 Kimg5198
 特に、むち打ち症例、手足の機能障害等についての相談がケースとしては多いのですが、画像がレントゲン程度しかないことが多くて、等級認定に支障が生じることも目につくようになっております。

 現在、鑑定会社は1社を中心にお願いすることがほとんどですが、それぞれに個性があると思い、今回、思い切って、医療セミナーに参加することになりました。

 Kimg5196

 医療画像の種類としては、①X線を使用する画像(XP、TV撮影、血管造影、CT)、②X線を使用しない画像(US、MRI)、③γ線を使用する画像(RI)があり、それぞれについての概要説明がありました。

 XPは、椎間板ヘルニア、腱板損傷、TFCC損傷は診断できない

 当然、脳の損傷もわからない

 ということは、最低限押さえておくべきことです。

 CTについては、撮影時間が短い、脳血流に対する感度がよい、骨の異常がわかる、身体に金属やペースメーカーあ入っていても撮影できる、急性期脳梗塞に対する感度は低い等の特色があるようです。

 MRIについては、歴史から説明がありましたが、医学鑑定に多い6大部位としては、頭部(矢状断)、頚椎(矢状断)、腰椎(矢状断)、膝関節(矢状断)、肩関節(冠状断)、手関節(冠状断)についての説明がありました。

 RIについては、各種シンチ検査があげられます。脳槽脊髄腔シンチが有名ですね。

 RIは、半減期の短い放射線同位元素を、目的部位にあわせて作られた化合物に標識して静脈注射(吸入)し、体内での分布や臓器の機能を調べる検査ですが、形態画像ではなく機能画像ということに注意をする必要があります。

 MRIについては、磁場を用いて核磁気共鳴現象を起こす、身体に電波を送り、身体から出る信号を受信する、画像化の対象は水素原子という機器です。

 特徴としては、撮影時間が長い、カラに金属やペースメーカが入っていると撮影しない、放射線被ばくしない、脳や骨盤や骨など動かない臓器に強い、病気の発症時期や状態がわかる、いろいろな撮影方法があり、画像鑑定では必要不可欠なものです。

 MRIでわかることはたくさんですが、例をあげると、

① 神経や靭帯

   圧迫されている、途切れている、炎症を起こしている

② 最近の障害か古い障害か(活動性の炎症)

   T2強調画像で白く写る 脂肪抑制画像

③ 骨挫傷や不顕性骨折

   T2強調画像で白く写る 脂肪抑制画像

  これらには、高磁場1.5テスラ以上のMRIが必要。脂肪抑制画像が撮影できるかどうか。

  ※T1強調画像は解剖的な構造がわかり、T2強調画像は病変がわかりやすいとされています。

 Kimg5238
 画像鑑定には、MRIが必要。

 MRIは、骨の中の組織の状態がわかる、筋肉や靭帯等の軟組織の状態がわかる、炎症の程度や時期がわかる という特徴があり、事故が原因で生じた病変であることが表現されるのです。

 今回のセミナーを受講して、大変勉強になりました。







2018年4月 3日 (火)

【医療セミナー】 脊椎・脊髄の基礎知識 慶応大学医学部整形外科岡田英次朗医師

 大阪千里ライフサイエンスセンターにて開催された日本損害保険協会主催医研センター主催の医療セミナーに参加しました。

 今回のテーマは、「脊椎・脊髄の基礎知識」で、講師は慶應義塾大学医学部整形外科岡田英二朗医師です。

 

  Kimg1143_2
 3部構成です。

 第1部は、「脊椎・脊髄の構造と働きについて」でした。まず、脊椎は、生理的に、頸椎7個は前弯、胸椎12個は後弯、腰椎5個は前弯という解剖学的なお話から入りました。脊椎は、それぞれが連結し1つの関節としてつながり形もそれぞれが異なります。椎骨の形状について、第4腰椎を例に詳しく説明がありました。上位頸椎から始まり、中下位頸椎、胸椎、腰椎、仙骨・尾骨について解説がありました。そして、椎間板の構造、変性についてのお話があり、椎間板組織への血行減少に伴う損傷が椎間板変性のイニシエーションであり30歳以前にこの変化が生じるということでした。脊柱靭帯については、後縦靭帯、黄色靭帯についての解説がなされました。そして、脊髄や神経根という神経組織や主要な神経路や髄膜についての解説がありました。診察については、視診、問診、理学的な検査についての解説がありました。

 第2部は、「頚部・胸部・腰部によくある外傷およびその治療について」でした。

 まずは、脊椎・脊髄損傷についての解説です。脊椎損傷はせぼねの損傷、脊髄損傷は神経の損傷でした。脊髄損傷については、障害高位によって麻痺に違いがあります。また、完全損傷と不完全損傷があり、不完全損傷は、中心性損傷、片側損傷、横断損傷の3タイプがあります。麻痺の程度は、Frankel分類が参考になります。

 軟部組織損傷については外傷性頚部症候群が取り上げられ、また、脊椎損傷についても、上位頸椎損傷、中下位頸椎損傷、胸腰椎損傷とその診断、治療について解説がありました。

 第3部は、「脊椎・脊髄によくある疾患」でした。これについては、①変性疾患として、椎間板ヘルニア、脊椎症、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、②腫瘍性疾患として、原発性脊椎損傷、転移性脊椎損傷、脊髄腫瘍等が、③炎症性疾患として、関節リウマチ、強直性脊椎炎等が、④外傷性疾患として、上位頸椎・頸髄損傷、中下位頸椎・頸髄損傷等が、⑤血管障害として、特発性硬膜外血腫等が、⑥脊柱変性として、脊柱側弯症、歯突起骨、頭蓋環椎癒合症等について解説がありました。

 数年前に私も腰椎椎間板ヘルニアを患い、手術により治したということがあります。腰椎椎間板ヘルニアにより、おしりから下肢にかけてしびれや痛みを感じ、ついには立つて歩行することも困難な状態に陥りました。腰椎椎間板ヘルニアの病態は、変性した髄核が繊維輪に生じた亀裂を通じて、脊柱管内へ膨隆、脱出し神経を圧迫し、腰椎・下肢痛をきたしたものです。L4/5ついでL5/S1椎間に後発しますが、私もまさのそのとおりでした。疼痛性跛行や疼痛性側弯の写真がのっていましたが、私の場合もまさにそのとおりでした。結局、手術適用となり、内視鏡下ヘルニア切除術が現在では低侵襲手術として実施例が多くなっており、私もその方法により治しました。現在では、新しい腰椎椎間板ヘルニアの治療法として、化学的髄核融解術が治験終了で近々認可される見通しのようです。

 今後とも医学の勉強は継続してきたいと思います。

 

  

Kimg1146_2

最近の記事

最近のコメント

法律書