2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

歯科

【歯科】

2019年6月16日 (日)

【歯科】 インプラントの迷信と真実 クインテッセンス出版

 クインテッセンス出版から、今年の6月10日に出たばっかりの「あなたの信じている論文に根拠はあるのか? インプラントの迷信と真実 診査・診断~インプラント周囲炎治療まで」を、東京の丸善で購入しました。

 歯科関係の書籍は、昨年から、多分、30万円位使っています。また、昨年は、日本損害保険協会の医療セミナーで東京医科歯科大学の先生のセミナーを受講しました。これも受講料や交通費を考えるとかなりの金額になります。

 勉強って楽しいですね😃

 ただ、歯って、すごくわかりやすいですよね。外から見えますので。。。

 将来のために勉強しております。

 今回の書籍は、診査・診断に関する迷信、治療計画に関する迷信、外科および周術期管理に関する迷信、補綴処置に関する迷信、メインテナンス・経過観察に関する迷信、インプラント周囲炎に関する迷信が、解説レビューされています。

 執筆者は、長崎大学歯学部教授等ですので、安心して読めます。

 

2019年6月13日 (木)

【歯科】 やってはいけない歯科治療

 「やってはいけない歯科治療」を購入しました。

 アマゾンには、次のとおり紹介されています。

 これまで知らなかったことが漏れ沢山記載されています。 

 歯科業界が隠してきたタブーをすべて書く!

 日本人の歯をダメにした正体は、歯科治療だった――

・虫歯を再発させる“手抜き”の「銀歯」の存在
・歯を削り、抜くことを当然と考える歯医者たち
・歯周病治療を受けているのに歯を失ってしまうワケ
・危ないインプラント手術の現場に潜入
・「感染予防」実施率5割!歯医者の危険な実態

歯を失う連鎖は、「銀歯」から始まっていた――健全な歯まで削り込んで、手抜き銀歯を被せ、歯周病を放置。さらには、歯を抜いてインプラント。「患者の歯を守る」よりも「歯医者の都合」を優先した治療が横行している!

では、いい歯医者と悪徳歯医者をどう見分けるのか? 患者はどうすれば自分の歯を守れるのか? 100人以上の歯医者、歯科衛生士、歯科技工士に取材を重ねた著者がレポートする。

【編集担当からのおすすめ情報】
「なぜ、どんどん歯を削られるのか」「本当にこんなに高額な治療費を払わないといけないのか」「予防歯科で、本当に歯を守れるのか」――患者がそうした疑問を抱いても、一人で正しい答えにたどり着くのは簡単ではありません。

2016年、『週刊ポスト』で「やってはいけない歯科治療」シリーズを連載し、大反響を呼んだ著者は、徹底した“患者目線”で歯科業界の内情を取材し、これまで歯医者たちが決して語ることがなかった本音を聞き出しています。それを知った上で、患者はどうやって自分の歯を守ればいいのか――“歯科業界に最も恐れられるジャーナリスト”とも呼ばれる著者が、2年近くにわたって取材した集大成が本書です

 

 書籍の内容についてはいろんな意見があるかと思いますが、内容自体は田舎弁護士にはわかりやすく読めました。

2019年6月 6日 (木)

【歯科】 日本人のための最新ALL-ON-4マニュアル

 日本人のための最新All-ON-4マニュアル」(2011年)(医歯薬出版株式会社)を購入しました。

 All-ON-4関係の書籍ですが、アマゾン等で検索しても余りヒットしません。

 All-ON-4ですが、「無歯顎のケースでCTやパノラマレントゲン上で臼歯部にインプラントを埋入できる十分な骨量がなく、従来の方法であると骨移植が必要となる場合でも上顎なら上顎洞-上顎洞間、下顎ならオトガイ孔-オトガイ孔間の比較的骨量の豊富な部位にインプラントを後方部には傾斜埋入、前方部に通常埋入を行い4本のインプラントで咬合を作り上げ、手術当日にプロビショナル(仮歯)を装着する治療方法」とされています。 

Kimg0895
 ポルトガルのパウロ=マロ(Dr.Paulo Malo)が開発し提唱しているインプラント治療法ですが、ネットで検索すると、All-ON-4を行うことができる歯科医院のホームページがものすごくヒットします。
 但し、無歯顎が大前提になるので、顎の歯を全て抜歯する必要があります。
 
 本書は、All-ON-4を強く推進する複数の歯科医師によって執筆されています。
 
 第1編 All-ON-4の基本コンセプトと術前診断、第2編 All-ON-4の治療術式、第3編 All-ON-4の上部構造・メインテナンス・トラブルシューティングから構成されています。
 
 P31には、歯科医師にとっては収益性が高いと記載されております。
 この最新の術式については、ネットで検索すると批判的な記事もみられます。
 学会で診療基準等を明示していただけると安心して利用できるかもしれませんね。

2019年1月10日 (木)

【歯科】 よくわかる口腔インプラント学 医歯薬出版

 医歯薬出版から発行されたよくわかる口腔インプラント学第2版 を購入しました。

 Kimg5974

 最新版は第3版ですが、裁判との関係で、第3版ではなくて、第2版を中古屋さんから購入しました。

 口腔インプラントの序説から始まり、基礎科学、診断と治療、外科手術・補綴術式、リコールとメンテナンス等の解説がされています。

 購入した歯科の書籍代だけで、20万円を超えてしまいました。また、大阪で開催された医療セミナー(歯科医療の基礎知識)も受講したので、30万円位費用がかかっております💦

 医療訴訟にせよ、建築訴訟にせよ、専門訴訟は勉強のための書籍代が大きくなりますね💦 

 その分、弁護士費用や実費も負担が大きなものになりがちです。

2019年1月 9日 (水)

【歯科】 スキルアップ歯科助手 ガイドブック 第2版

 一般財団法人口腔保険協会から、2017年に、ステップアップ歯科助手ガイドブック(第2版) が出版されていました。

 Kimg5903

 歯科についての知識があまりなくても読めそうな内容で、助かっております。

 3000円+税です💦

2019年1月 8日 (火)

【歯科】 気鋭歯科医師が歯を残す・守る 

 クインテッセンス出版から2018年に出版された「気鋭歯科医師が歯を残す・守る そのエビデンスとテクニック、患者説明 」という書籍です。

 Kimg5901
 天然歯をできる限り残すことが歯科医師の本分とあり、気鋭歯科医師プレゼンテーションの中には、安易な戦略的抜歯に警鐘をならしています。

 6000円+税 です 💦

2019年1月 7日 (月)

【歯科】 安心・安全なインプラント治療のための環境づくり・治療システム

 医歯薬出版から、2012年に出版された「安心・安全なインプラント治療のための環境づくり・治療システム」という書籍です。

 Kimg5942
 30項目に分かれています。初診時の対応、インプラント治療の適応症、インプラントの基本理念、手術難易度評価等参考になる解説が多かったように思います。

 6000円+税です💦

2019年1月 6日 (日)

【歯科】 歯周病患者におけるインプラント治療のガイドライン

 クインテッセンス出版から、2013年に出版された「歯周病患者におけるインプラント治療のガイドライン 」という書籍です。

 Kimg5911

 9章から構成されています。

 ①術前検査、②治療計画の立案、③インフォームドコンセント・同意書の作成、④歯周病患者におけるインプラント治療の現在、⑤手術環境の整備、⑥インプラント手術時および術後のトラブルの予防と対応、⑦上部構造への歯周病学的配慮、⑧メインテナンス、⑨インプラントのメインテナンス時におけるトラベルへの対応・対策です。

 3200円+税です💦

2019年1月 5日 (土)

【歯科】 インプラント治療と医療安全

 医学情報社から、平成24年に出版された「インプラント治療と医療安全 」という書籍です。

 Kimg5981

 6章から構成されています。

 ①インプラント治療における医療安全、②医療安全を目指した患者マネージメント、③医療安全を目指した院内システムマネージメント、④手術時の事故、合併症に対する医療安全対策、⑤待機期、補綴期のトラブル、⑥メンテナンス期のトラブルに対する医療安全対策です。

 5000円+税です💦

2018年12月29日 (土)

【歯科】 クリニカル インプラント デンティストリー

 ゼニス出版から、2015年に出版された「クリニカル インプラント デンティストリー 」という書籍です。

 Kimg6004
 抜歯即時埋入インプラント編として、抜歯即時埋入インプラントの臨床的意義と、事例について事細かく解説がされています。

 値段は8840円+税です 💦

より以前の記事一覧

最近のコメント

法律書