2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【法律書】

2018年5月30日 (水)

【法律書】 専門訴訟講座 ④ 医療訴訟

 民事法研究会から、平成22年に出た「医療訴訟」 です。とても分厚い書籍です。

 Kimg0817

 3部構成です。

Ⅰ 医療訴訟の法理

  ① 序章

  ② 説明義務と責任

  ③ 医療過誤と責任

  ④ 医療情報と責任

  ⑤ 医療訴訟における損害論

Ⅱ 医療訴訟の実務

  ① 総説

  ② 訴訟提起前の活動

  ③ 医療訴訟の受任

  ④ 医療訴訟の法的論点

  ⑤ 医療訴訟の訴訟活動

Ⅲ 医療訴訟の審理

  ① 医療訴訟の審理の現状と課題

  ② 医療訴訟における訴訟物と要件事実

  ③ 争点整理手続のあり方

  ④ 集中証拠調べの準備とその実施

  ⑤ 医学的知見獲得のための方策

  ⑥ 医療訴訟の解決

 Kimg0355
 とても分厚い本ですので、参考書的な利用かな💦



2018年5月29日 (火)

【法律書】 医療過誤法律相談ガイドブック 2003年

 第二東京弁護士会法律相談センターから、平成15年に出た「医療過誤法律ガイドブック」です。やはり、購入しているのは、平成15年ころなんですよね💦

 Kimg0439
 4章で構成されています。

① 医療過誤の法律相談・事件処理の留意点

② 医療過誤に共通する問題点

③ 医療過誤の類型別問題点

④ 医療過誤訴訟追行における実務上の問題点

 弁護士会に行った時に新しいのを購入したいと思います💦💦

2018年5月28日 (月)

【法律書】 患者のための医療 創刊号

 平成14年4月に、篠原出版から、医療の質向上と患者の安全をめざすフォーラム誌として、患者のための医療が出版されました。

 Kimg0670
 特集記事として、①医療事故防止はどこまで進んだか、②このままでいいのか救急医療等がくまれており、結構盛沢山な内容になっています。

 ただし、残念ながら、5年ほどで、現在は、休刊になっているようです。

 医療過誤や医療事故事案ですが、なかなか患者側の専門誌では、定期購読をしようとする需要がないのでしょうね。

 交通事故事案でも感じるのですが、被害者側の弁護士と、加害者側(損保会社)の弁護士とで、経験や知見等で大きな差を感じることが少なくありません。

 田舎弁護士も、損保の仕事をしていなければ、経験値や知見を得ることはできなかったでしょう。

 被害者側で立つ専門誌は、加害者側の弁護士との知見を埋めるために必要なことですが、続かないのは残念です。

2018年5月27日 (日)

【法律書】 わかりやすい医療裁判処方箋

 判例タイムズから、平成16年にでた「わかりやすい医療裁判処方箋」です。やはりこのころに購入した書籍が多いな💦

 Kimg0891
 法律家向けではなく、医師・看護師向けとなっております。

 患者側弁護士の活動と医療機関への要望・期待は参考になりました。

2018年5月26日 (土)

【法律書】 医療過誤医療事故の予防と対策

 平成14年に中央経済社から出た医療過誤医療事故の予防と対策という書籍です。やはりこのころの書籍が多い💦

 Kimg1039
 4部構成です。①医療過誤・医療事故対応の基本、②医療過誤の防止策、③医療事故の防止策、④医療過誤・医療事故発生時の示談交渉と外部への公表です。

 医療機関の顧問弁護士になったら読む本かな💦

2018年5月25日 (金)

【法律書】 医療判例ガイド

 有斐閣から、平成8年に出版された「医療判例ガイド 」です。分厚い書籍ですがほとんど積読状態だったようです。

 Kimg0677
 ただ、この書籍の中に、医療関連の分析サービスを行っている日本交通医療協議会の業務サービスのご案内がありました。平成11年7月1日にFAXで送られてきたようです。ネットでは、HPは検索できないけど、今でもあるのかな?

 さて、本書は、判例を、①問診、②検査、③投薬・注射、④手術、⑤麻酔、⑥患者管理、⑦周産期医療、⑧医療水準で分類されています。

2018年5月24日 (木)

【法律書】 医師責任訴訟の構造

 有斐閣から、平成14年に出た「医師責任訴訟の構造 」という書籍です。やはり、平成15年ころの書籍が多いですね💦

 Kimg0879

 2部構成です。

 第1部は、医師責任訴訟の構造として、①医師の診療上の注意義務、②医師の説明義務、③その他の診療に関係する医師の義務、④医師・医療機関等の責任の分担、⑤義務違反、⑥損害です。

 第2部は、論文・判例批評などを収録しております。

2018年5月23日 (水)

【法律書】 医療事故110番

 平成9年に民事研究会から出版された書籍です。20年以上前の書籍かあ💦

 Kimg0541
 中身はオーソドックスです。第1部は基本知識です。第2部は、トラブル事例です。麻酔科、消化器科等診療科目ごとに説明がされています。

2018年5月16日 (水)

【法律書】 研修業書 医療訴訟

 商事法務から平成15年に出版された「医療訴訟」です。商事法務というのが珍しい印象をいだきました。

 Kimg0892

 3部構成です。

 ①東京地裁医療集中部の現状および医療訴訟の代理人になられる方にお願いしたいこと

 ②東京地裁医療集中部にどのように対応するか

 ③鑑定及び私的鑑定をめぐる諸問題

 平成15年ですので、あれこれ将来の取り組む分野を迷っていたころに購入した書籍ですね。。。

2018年5月15日 (火)

【法律書】 患者のための医療事故法入門

  平成10年に出版された「患者のための医療事故法入門 」です。

  Kimg0689
  どこで購入したんでしょうね。。。平成10年のころなので、田舎弁護士も、まだ司法修習生ですね。

  法律書というよりも、啓蒙書的な内容ですね。

より以前の記事一覧

最近のコメント

法律書