2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

歯科

【循環器科】

2018年11月29日 (木)

【循環器科】 甲状腺クリーゼの患者を診察した医師の債務不履行責任が否定された事例 神戸地裁平成29年10月26日判決

 判例時報No2381号で紹介された神戸地裁平成29年10月26日判決です。

 Kimg5754
 甲状腺クリーゼとは、甲状腺中毒症の原因となる未治療ないしコントロール不良の甲状腺基礎疾患が存在し、これに何らかの強いストレスが加わったときに、甲状腺ホルモン作業過剰に対する生体の代謝機構の破綻により複数臓器が機能不全に直面した緊急治療を要する病態をいいます。

 本件の最大の争点は、Yは、亡Aを診察したときに、甲状腺クリーゼないしこれに準じる重篤な病状と診断することができたのか否かという点です。

 判決文では、甲状腺クリーゼを診断する指標として、

 (ア)必須項目として、甲状腺中毒症の存在

 (イ)症状項目として、

 ① 中枢神経症状

 ② 発熱(38度以上)

 ③ 頻脈(130回/秒以上)

 ④ 心不全症状

 ⑤ 消化器症状

 があげられており、

 (ウ)確実例として、必須項目及び、

 a 中枢神経症状+ほかの症状項目1つ

 又は、

 b 中枢神経症状以外の症状項目3つ以上を満たす場合、

 (エ)疑い例として、

 a 必須項目+中枢神経症状以外の症状項目2つ、

 又は、

 b 必須項目を確認できないが、甲状腺疾患の既往・眼球突出・甲状腺腫の存在があって、確実例条件のa又はbを満たす場合、が挙げられている

 本件において、Xらは、亡Aの症状は、甲状腺クリーゼ疑い例bに該当すると主張しました。

 裁判所は、甲状腺クリーゼの疑いbに該当するか否かは、心不全症状が認められるかどうかで判断されるところ、その症状からは心不全症状は認められないとして、Xらの主張を斥けました。

 Kimg5743
 甲状腺クリーゼは、放置すれば予後不良の急性の全身しっあんであり、迅速な診断と治療によっても、致死率は20%以上に達すると言われている危険な病気のようです。。。。

2018年4月 5日 (木)

【循環器科】 心房細動とカテーテルアブレーション

 判例時報No2349号で紹介された名古屋高裁平成29年7月7日判決です。

 事案は、Xが、平成22年8月3日、Yの開設する本件病院において、持続性心房細動の治療を目的として、カテーテルアブレーションを受けたところ、直後に脳梗塞を発症し、高次脳機能障害等の後遺障害が残ったため、担当医師が、(1)カテーテルアブレーションの禁忌である左心耳内出血の所見又はそれを疑うべき所見を見落とした、(2)本件施術前に十分な抗凝固療法を実施すべき義務に違反した、(3)カテーテルアブレーションに関する十分な説明をしなかったと主張し、Yに対して診療契約上の債務不履行又は不法行為に基づき、損害賠償請求をした事例です。

 第1審は原告の請求棄却したのに対して、第2審は逆転判決となっています。

 なお、「カテーテルアブレーション」は、経静脈的ないし経動脈的に電極カテーテルを通じて対外から焼灼エネルギーを不静脈源である心筋組織に加え、これを焼灼ないし破壊する治療方法です。

 高裁は、

 ①左房ないし左心耳内に血栓が存在する場合のみならず、その存在が疑われる場合であっても、カテーテルアブレーションを実施することは禁忌とされている、

 ②7月22日に撮影されたCT画像にはXの左心耳内に10数ミリの球状の陰影欠損が存在することが認められるし、提出された医師の意見書によれば血栓の存在が強く疑われるとされている、

 ③本件で実施されたTEEの検査画像から血栓があることが疑われる陰影が存在した

 などと認定した上、

 ④以上によれば、TEEの画像から認められるグローバー状の陰影及びいぼ様の陰影は、血栓を疑わせる所見であったと認められるから、担当医師には、本件施術を実施するにあたり、血栓を疑わせる所見がないことを確認する注意義務を尽くさなかった過失が認められると判断して、Yの損害賠償責任を肯定しました。

 解説では、「医療過誤訴訟において、レントゲン写真のフィルムの読影について過失が問題とされることが多いところ、本件もその一類型である」と記載されています。

 25593021_1717905791614019_5719148_2

最近の記事

最近のコメント

法律書