2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

歯科

« 【消化器科】 ERCP等施術をめぐっての医療訴訟 | トップページ | 【耳鼻咽喉科】 内視鏡下副鼻腔手術及び粘膜下下鼻甲介骨切除術 »

2020年6月13日 (土)

【消化器科】 膵尾部切除及び胆嚢摘出の手術を受けた患者に、総肝管の狭窄が生じたことにつき、手術担当医に胆管損傷を回避するための措置を怠ったなど治療判断や手技上の過失が否定された事例

判例時報No2441号で紹介された東京地裁平成31年1月31日判決です。

 膵尾部切除及び胆嚢摘出の手術の結果、総肝管に狭窄が生じたことについて、手術担当医に胆管損傷を回避するための措置を怠ったなどの治療判断やPTCDのカテーテル交換にガイドワイヤーを逸脱した手技上の過失があるかなどが問題となった事例です。

総肝管は、胆管のうち、肝内胆管の合流部から胆嚢に通じる胆嚢菅と十二指腸に通じる総胆管の分岐点までの部分

PTCDは、経皮経肝胆道ドレナージ。皮膚の上から肝臓を貫いて管内胆管を穿刺し、ガイドワイヤーに沿ってカテーテルを胆管に挿入し、狭窄部位に貯留した胆汁を排出する療法。

 

Kimg1018

« 【消化器科】 ERCP等施術をめぐっての医療訴訟 | トップページ | 【耳鼻咽喉科】 内視鏡下副鼻腔手術及び粘膜下下鼻甲介骨切除術 »

【消化器科】」カテゴリの記事

最近のコメント

法律書