2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

歯科

« 【心臓外科】入院直後の患者の致死性不整脈等の心臓疾患を担当医師が予見することができたかという循環器の診察に関する注意義務違反が問題となった事例。 | トップページ | 【精神科】 精神科における損害賠償請求に係る諸問題 »

2019年11月28日 (木)

【その他】 内視鏡的不可逆性胆道膵管造影(ERCP)施術を巡っての医療訴訟

 判例時報No2419号で紹介された東京地裁平成30年10月11日判決です。

 ERCPとは、膵臓や胆嚢、胆管の病気を診断するために実施される検査であり、内視鏡を口腔から挿入し、食道、胃を通って、十二指腸まで進め、内視鏡を通した細いチューブをファーター乳頭(十二指腸壁にある主膵管と胆管が合流する管の出口部分を指す)に挿入し、造影剤を注入することで、詳細な膵管像,胆管像を得たり、組織や細胞を採取することができ、これにより総胆管結石等について確定診断をすることができるとされている検査方法です。

 ERCP施術を巡っての医療訴訟は少なくないようです。

 今回の事案は、胆石胆嚢炎、総胆管結石管炎の疑いで入院した患者が、ERCPの施術を受けて、その後に空腸穿孔による汎発性腹膜炎を発症し死亡したことについて、医師にERCPの実施、大腸内視鏡等の選択及び手技等に関し過失がないとされました。

 

« 【心臓外科】入院直後の患者の致死性不整脈等の心臓疾患を担当医師が予見することができたかという循環器の診察に関する注意義務違反が問題となった事例。 | トップページ | 【精神科】 精神科における損害賠償請求に係る諸問題 »

【その他】」カテゴリの記事

最近のコメント

法律書