2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

歯科

« 【その他】 医師の協力を得るための実践マニュアル ~事前準備から意見書依頼~(レガシィ) No1 | トップページ | 【その他】 医師の協力を得るための実践マニュアル ~事前準備から意見書依頼~(レガシィ) No3 »

2019年7月15日 (月)

【その他】 医師の協力を得るための実践マニュアル ~事前準備から意見書依頼~(レガシィ) No2

  昨日の続きです

 いつもお世話になっているレガシィの「医師の協力を得るための実践マニュアル~事前準備から意見書依頼まで~」です。

●質問事項を練る。

 質問事項で、相談者の理解度と熱意が医師に伝わる

●質問事項の例と留意点(1)

 ①具体的な質問を心掛ける ②法律的な質問は避ける

●質問事項の例と留意点(2)

 結論を指定して意見書の作成を求めるべきではない

●医療水準に関する質問のコツ

 診療行為等に関する医学的評価の表現でどれに該当するか質問すると医師は答えやすい

●メールで書くべき内容(1)

 初回に送信するメールで書くべき内容

 事案の概要 身体のどの部位、臓器に関する事案なのか分かるように記載する。

●メールで書くべき内容(2)

 どこまで依頼したいのか 医師からの返信を待つ

●メールで書くべき内容(3)

 医師から面談Okの返事がきたら、次のメールで書くべき内容

  ①面談日はいつ頃想定しているのか ②面談場所と時間の都合をたずねる

●メールで書くべき内容(4)

 事前に資料(カルテ・画像)を送ってよいか、尋ねる

 面談の謝礼

 ⇒面談時間が、1時間~1.5時間であれば、3万円が目安

 

 

 

 

 

« 【その他】 医師の協力を得るための実践マニュアル ~事前準備から意見書依頼~(レガシィ) No1 | トップページ | 【その他】 医師の協力を得るための実践マニュアル ~事前準備から意見書依頼~(レガシィ) No3 »

【その他】」カテゴリの記事

最近のコメント

法律書