2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

歯科

« 2019年2月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月28日 (火)

【救急病院】 救急搬送された患者が退院後に死亡した事件につき、救急病院の医師にCT検査等を実施すべき義務違反があったと認めた事例

 判例時報No2400号で紹介された東京高裁平成30年3月28日判決です。

 逆転判決で、病院側が負けています。

 第2審の判断は、以下のとおりです。

 本判決は、①本件搬送時、Aが既に頭蓋内圧亢進症を発症していたこと、②頭蓋内圧亢進症状は医学的知見によると、自覚的には頭痛、嘔吐及び視力障害が、他覚的には意識障害などがあり、嘔吐が終わると頭痛は一時的に寛解し、また食べられるという特徴を有すること、③Y1医師は、収容要請において嘔吐、下痢、頭痛の症状があるとの情報を得ており、嘔吐、下痢の症状の後には通常は腹痛がみられるのに頭痛が発症していることにつき、疑問を抱き、頭痛の有無を聞いていることなどからすると、頭痛と嘔吐の症状があり、かつ、嘔吐が終わると頭痛が寛解したことをもって、頭痛内圧亢進症を疑うべきであったこと、④したがって、Y1医師には、本件搬送時、Aの頭痛内圧亢進症を疑って、CT検査等を実施すべき義務があったとし、その上で、同義務があったにもかかわらず、これを怠り、本件退院指示をし、かつ、Aの状態悪化に気付かず、本件退院指示を撤回しなかった過失があると判断されました。

 男子中学生の方だったようです。痛ましい事故です。ご冥福をお祈りいたします。

2019年5月24日 (金)

【検診】 個別検診方式で胃がん検診を担当した医師に、受診者に対し速やかにエックス線検査の結果を通知して受診指導をすべき注意義務違反が認められた事例

 判例タイムズNo1459号で紹介された東京地裁平成29年5月26日判決です。

 この判決の意義として、「地方自治体が実施するがん検診には集団検診方式と個別検診方式とがあり、両者は大きく仕組みが異なり、当該担当医師に課せられる注意義務の判断も異なってくるものと考えられるところ、

 本判決は、個別検診方式による検査結果により精密検査を要するとの所見を得たときは担当医師が速やかに受診者に通知する仕組みが取られている場合の担当医師の注意義務について判断を加え、生存していた相当程度の可能性の侵害を認めた事例の1つとして参考になる」として紹介されています。

 病院側の代理人には、有名な医療専門の弁護士さんが就任されています。

 控訴されたようですが、棄却です。

2019年5月16日 (木)

【病院経営】 第2版 院長先生の相続・事業承継・M&A

 2019年にきんざいから出版されたばかりの、「院長先生の相続・事業承継・M&A決定版」(第2版)です。

 12章と資料編からなっております。

 ①今日の相続事情、②相続が発生した場合の手続、③相続対策の基本と順序、④個人医院の相続税、⑤個人医院の相続対策、⑥医療法人について、⑦医療法人の相続税、⑧医療法人の相続対策、⑨医療機関の事業承継・M&A、⑩MS法人の活用、⑪遺言の制度と効果、⑫成年後見制度・信託の活用、そして、資料編です。

 う~ん。税理士が書かれているためか、税金対策向けですね。

2019年5月15日 (水)

【病院経営】 改訂版 医療法人の設立・運営・承継・解散 (日本法令)

 最近、病院や診療所の経営相談が少しずつ増えているので、平成28年、日本法令から出た「医療法人の設立・運営・承継・解散」を購入して少し勉強しました。

 ただ、弁護士さんが執筆されている書籍は乏しく、大半が税理士さんが執筆者になっております。

 本書では、①医療法人についての基礎知識、②医療法人設立の実務、③医療法人運営の実務、④医療法人承継の実務、⑤医療法人解散の実務からなります。

 最近は、④医療法人承継の実務の相談が増えていますね。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年6月 »

最近のコメント

法律書