2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

歯科

« 2019年1月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年2月

2019年2月11日 (月)

【産婦人科】 低酸素性脳症及び脳性麻痺が発症した事案

 判例時報No2388号で紹介された京都地裁平成30年3月27日判決です。

 Kimg6151
 ① 娩出した胎児に低酸素性脳症及び脳性麻痺が発症し身体機能障害が生じた事故について、出産を担当した産婦人科の処置につき、子宮収縮薬、麻酔薬の投与量及びその点滴装置の利用方法、胎児の吸引分娩及びクリステレル圧出法の適否の判断、分娩監視装置の不装着並びに帝王切開の遅れ等について過誤があったが、

 かかる錯誤と脳性麻痺等の結果との間には因果関係が認められないとした事例

 ② 分娩中の低酸素が脳性麻痺の原因となるかについて、米国産婦人科学会の産科臨床委員会の基準に依拠して判断した事例

 →注意義務違反や説明義務違反については認めましたが、因果関係については否認しました。

  控訴審はどうなるかわかりませんね💦

2019年2月 1日 (金)

【看護師等】 新版 看護師の注意義務と責任

 先日、新日本法規の方がこられたので、「新版看護師の注意義務と責任 」という書籍を購入しました。

 Kimg5464
 事例にみる看護師の注意義務と責任については、①看護師の刑事責任、②採血・注射・点滴・与薬の事故、③転倒・転落事故・身体拘束、④食事介助・誤嚥防止、痰の吸引、療養上の世話に関する事故、⑤医療機器取扱いに関する事故、⑥患者の経過観察に関する事故、⑦感染、⑧新生児・乳幼児の事故、⑨精神科看護の事故、⑩その他の事故、⑪看護師が被害に遭った事例、⑫個人情報保護に関する事例、⑬看護師が知っておきた重要判例(最高裁判例)です。

 

« 2019年1月 | トップページ | 2019年5月 »

最近のコメント

法律書