2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

歯科

« 【カルテ・薬】 プログラフの過剰投与と脳梗塞!? | トップページ | 【日本損害保険協会】 歯科医療の基礎知識 »

2018年11月29日 (木)

【循環器科】 甲状腺クリーゼの患者を診察した医師の債務不履行責任が否定された事例 神戸地裁平成29年10月26日判決

 判例時報No2381号で紹介された神戸地裁平成29年10月26日判決です。

 Kimg5754
 甲状腺クリーゼとは、甲状腺中毒症の原因となる未治療ないしコントロール不良の甲状腺基礎疾患が存在し、これに何らかの強いストレスが加わったときに、甲状腺ホルモン作業過剰に対する生体の代謝機構の破綻により複数臓器が機能不全に直面した緊急治療を要する病態をいいます。

 本件の最大の争点は、Yは、亡Aを診察したときに、甲状腺クリーゼないしこれに準じる重篤な病状と診断することができたのか否かという点です。

 判決文では、甲状腺クリーゼを診断する指標として、

 (ア)必須項目として、甲状腺中毒症の存在

 (イ)症状項目として、

 ① 中枢神経症状

 ② 発熱(38度以上)

 ③ 頻脈(130回/秒以上)

 ④ 心不全症状

 ⑤ 消化器症状

 があげられており、

 (ウ)確実例として、必須項目及び、

 a 中枢神経症状+ほかの症状項目1つ

 又は、

 b 中枢神経症状以外の症状項目3つ以上を満たす場合、

 (エ)疑い例として、

 a 必須項目+中枢神経症状以外の症状項目2つ、

 又は、

 b 必須項目を確認できないが、甲状腺疾患の既往・眼球突出・甲状腺腫の存在があって、確実例条件のa又はbを満たす場合、が挙げられている

 本件において、Xらは、亡Aの症状は、甲状腺クリーゼ疑い例bに該当すると主張しました。

 裁判所は、甲状腺クリーゼの疑いbに該当するか否かは、心不全症状が認められるかどうかで判断されるところ、その症状からは心不全症状は認められないとして、Xらの主張を斥けました。

 Kimg5743
 甲状腺クリーゼは、放置すれば予後不良の急性の全身しっあんであり、迅速な診断と治療によっても、致死率は20%以上に達すると言われている危険な病気のようです。。。。

« 【カルテ・薬】 プログラフの過剰投与と脳梗塞!? | トップページ | 【日本損害保険協会】 歯科医療の基礎知識 »

【循環器科】」カテゴリの記事

最近の記事

最近のコメント

法律書