2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

歯科

« 【内科】 担当医師の専門外の疾患について、患者に対する診療契約上の専門医紹介義務及び同義務違反が認められた事例 | トップページ | 【循環器科】 甲状腺クリーゼの患者を診察した医師の債務不履行責任が否定された事例 神戸地裁平成29年10月26日判決 »

2018年11月28日 (水)

【カルテ・薬】 プログラフの過剰投与と脳梗塞!?

 判例時報No2379号で紹介された大阪高裁平成29年2月9日判決です。

 Kimg2931

 骨髄移植手術を受けた患者が脳梗塞を発症して死亡した場合に、免疫抑制剤(プログラフ)を過剰投与した看護師に過失は認められるが、右過失と脳梗塞との発症との間に因果関係はないとして、病院側の責任が否定されました。

 鑑定によれば、過剰投与による脳梗塞の発症の可能性は否定できないと判断されていました。

 それにもかかわらず、裁判所は、プログラムの量は、副作用としての脳梗塞を発症するだけの条件が十分であったとまでは認めることはできないこと、プログラムの投与が原因とされる脳梗塞の発症例が多いということはできないことから、過剰投与と脳梗塞との相当因果関係を否定しました。

 う~ん。どうなんでしょう。。。。

« 【内科】 担当医師の専門外の疾患について、患者に対する診療契約上の専門医紹介義務及び同義務違反が認められた事例 | トップページ | 【循環器科】 甲状腺クリーゼの患者を診察した医師の債務不履行責任が否定された事例 神戸地裁平成29年10月26日判決 »

【カルテ・薬】」カテゴリの記事

最近の記事

最近のコメント

法律書