2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月18日 (土)

【内科】 step 泌尿器科

 海馬書房から、平成22年に出た「step泌尿器科」です。4100円+税です。

 Kimg0992
 高齢者の方の裁判を受けた時に、購入したものです。医学生向けの書籍でとてもわかりやすいです。

2018年8月17日 (金)

【精神科】 ナーシングマニュアル 精神障害・心身症看護マニュアル

 日野原重明先生総監修のナーシングマニュアル「精神障害・心身症看護マニュアル」 です。古本屋さんで購入しました。

 Kimg2128

 精神障害と心身症で分かれています。

 精神障害目次では、〇精神障害者の特性と看護の支援、①精神障害者の看護に必要な基礎的知識、②診断過程における看護、③治療過程における看護、④精神障害者の看護過程、⑤主な症状に対する看護、⑥病棟内での管理的側面における看護者の役割、⑦社会復帰と看護です。

 心身症目次では、①心身症の基礎的知識、②ライフライクルと心身医学、③性の心身医学です。

 ある裁判例で引用されていましたので、気になって、古本屋で購入しました。

2018年8月16日 (木)

【内科】 病気がみえる ⑧ 腎・泌尿器

 平成24年に出た「病気がみえる⑧腎・泌尿器」です。3300円+税です。

 Kimg0706

 これも、交通事故の裁判の時に、裁判の資料として一部を出したことがあります。

2018年8月15日 (水)

【精神科】 ナーシング・グラフィカ 精神障害と看護の実践

 メディカ出版から、平成25年に出版された「精神障害と看護の実践 」です。古本屋さんで購入しました。

 Kimg2169
 7章から構成されています。①精神科看護における対象の理解、②精神科看護におけるケアの方法、③生活障害と看護の実際、④看護の倫理と人権擁護、⑤入院環境と治療的アプローチ、⑥精神保健活動とリハビリテーション、⑦臨地実習から学ぶです。

 

2018年8月14日 (火)

【内科】 標準泌尿器科学 医学書院

 医学書院から、平成22年に、標準泌尿器科学(第8版) が出ております。6200円+税です。

 Kimg1014
 これも、交通事故の裁判の時に、高齢者の方の持病を勉強するために購入したものです。何ページかに付箋が貼っており、読み返すと懐かしいですね。

2018年8月13日 (月)

【法律書】 医療安全管理の進め方

 メヂカルフレンド社から平成14年に出版された「医療安全管理の進め方」 という書籍です。これも古本屋さんで購入しました。編集協力として、厚労省医政局総務課医療安全推進室が協力されているようです。

 Kimg2222
 医療機関における安全管理体制の整備と、安全に医療を提供するための方策、そして、病院における安全確保対策事例等が紹介されています。

2018年8月12日 (日)

【内科】 前立腺肥大症診療ガイドライン

 平成23年に、日本泌尿器科学会から、前立腺肥大症診療ガイドライン が出ております。2800円+税です。

 Kimg0725

 これも、交通事故の事案で、高齢者の方が、前立腺肥大症を患わってたことから、参考のために購入した記憶があります。

2018年8月11日 (土)

【法律書】 看護事故の法的責任

 日本看護協会出版会から、平成13年に出版された「看護事故の法的責任 」という書籍です。古本屋さんで手に入れました。

 Kimg2122

 第2部の看護過誤判例編としては、①療養上の看護事故、②転倒・転落の事故、③褥瘡の事故、④注射・点滴・与薬の事故、⑤医療機器取扱いの事故、⑥周産期の事故、⑦SIDS、⑧助産所の事故、⑨麻酔の事故、⑩術後管理の事故、⑪救急措置の事故、⑫精神科看護の事故、⑬院内感染の事故等に裁判例を整理して分析sされています。


2018年8月10日 (金)

【内科】 腎疾患 医学書院

 平成25年に、医学書院から、「腎疾患 」が出ました。3000円+税です。

 Kimg1077
 これも、裁判で、高齢者の方が、尿路感染症等の腎疾患を患っていたことから、素因との関係を勉強しなければならないので、購入しました。

2018年8月 9日 (木)

【精神科】 精神看護エクスペール 1 リスクマネジメント 第2版

 中山書店から、平成21年に出版された「精神看護エクスペール1リスクマネジメント」第2版 です。

 Kimg2065
 4章から構成されています。①総論、②精神科におけるハイリスク要因と予防、③院内感染、④医療安全管理室です。

 特に、精神科医療における医療事故と法的課題P30~や、精神科の臨床におけるハイリスクP80~は、参考になりました。

2018年8月 8日 (水)

【脳神経外科】 脊椎脊髄ジャーナル 2008年4月号

 脊椎脊髄ジャーナル 2008年4月号です。5000円+税です。脊椎脊髄ジャーナルは、日本損害保険協会の医療セミナーを受講した際に、講師の医師から勧められて購入したという記憶があります。

 Kimg0764

 2008年4月号のテーマは、腰部脊柱管狭窄症でした。交通事故事案では、頸椎や腰椎を痛める方が多いので、医療セミナーにおいても、この分野は中心的なものとなります。coldsweats01

2018年8月 7日 (火)

【精神科】 ナーシングマニュアル 精神疾患・心身症看護マニュアル 

 昭和62年に出版された日野原重明先生監修のナーシングマニュアル精神障害・心身症看護マニュアルです。古本屋さんで購入しました。

 Kimg1538
 精神障害と心身症に分かれていますが、精神障害の目次について紹介いたします。

 0章 精神障害者の特性と看護の視点

 1章 精神障害の看護に必要な基礎的知識

 2章 診断過程における看護

 3章 治療過程における看護

 4章 精神障害者の看護過程

 5章 主な症状に対する看護

 6章 病棟内での管理的側面における看護者の役割

 7章 社会復帰と看護

  です。

 古い本ですが、医療事故の裁判例で引用されていましたので、古本屋さんで購入いたしました。

2018年8月 6日 (月)

【脳神経外科】 脳動脈瘤とくも膜下出血 医学書院

 医学書院から、平成25年にでた「脳動脈瘤とくも膜下出血 」です。値段は、8000円+税です。

 Kimg0828

 くも膜下出血が外因性か内因性かということが争点になったときに購入したという記憶があります。なお、第17章は、くも膜下出血(脳動脈瘤)にかかわる医療訴訟についての論文が収録されています。

 Kimg0536
 田舎弁護士も少し前までは、難しい裁判していたんだなと改めて感心です。

2018年8月 5日 (日)

【精神科】 精神科ナースのための医療事故防止・対策マニュアル改訂版

 平成18年に日本精神科看護技術協会から出た「精神科ナースのための医療事故防止・対策マニュアル 」改訂版です。

 Kimg1478

 2部構成です。第1部は、精神科におけるリスクマネジメントと事故防止策です。

 ①リスクマネジメントの新たな課題、②精神科医療のリスクと解決への具体策です。

 Kimg1458
 第2部は、医療事故防止の手引きです。①自殺、②暴力、③無断離院、④転倒・転落、⑤隔離中の事故、⑥身体拘束中の事故、⑦肺塞栓症、⑧誤嚥、⑨与薬事故、⑩注射事故、⑪悪性症候群、⑫水中毒、⑬院内感染について、要因、防止策、事故発生時の対応等について説明がされています。

 



 

2018年8月 4日 (土)

【脳神経外科】 標準脳神経外科

 医学書院から、平成26年に出た「標準脳神経外科第13版 」です。現在では、第14版がでているようです。値段は、7000円+税です。

 Kimg0817
 医学書院の、標準シリーズは使いやすいですよね。この書籍も、脳血管障害、頭部外傷、脊髄・脊椎疾患、抹消神経の外科等を取り扱っております。

 田舎弁護士は交通事故事案を多く取り扱っているので、脳神経外科関係の書籍も結構持っております。中身は読めておりませんがcoldsweats01

2018年8月 3日 (金)

【精神科】 増補改訂版 精神科医療事故の法律知識

 ネットの古本屋さんで購入した深谷翼先生の書籍です。経歴をみる限り学者さんのようですが、医療関係の書籍を数多く書かれておられるようです。

 Kimg1393

 平成11年に出版されたものですが、医療事故の法的整理がされており大変参考になりました。

 第1部は基礎知識編として、①精神科医療事故と法的責任、②精神科医療事故と民事責任、③精神科医療事故と刑事責任について整理されております。

 Kimg1455
 第2部事例編は、①薬物療法、②レクリエーション療法、③作業療法、④手術、⑤入院療養中の事故、⑥患者間の殺傷事件、⑦外出・外泊、⑧無断離院、⑨転退院、⑩入院手続き、⑪追補からなっております。

 これ以降も新しい版がでているようですが、購入できませんでした。

2018年8月 2日 (木)

【脳神経外科】 NS 脳神経外科学 三輪書店

 三輪書店から、平成25年に出版された「NS 脳神経外科学」です。現在では、第四版がでているみたいです。値段は、第三版で、7000円+税です。

 Kimg0789
 脳血管障害、頭部外傷、脊髄・脊椎疾患、抹消神経の外科等、交通事故事案を取り扱う弁護士にとっても、使いやすい内容の書籍となっております。

2018年8月 1日 (水)

【精神科】 認知症医療 (中山書店)

 中山書店から、平成26年に出版された「認知症医療 」です。9500円+税です。

 Kimg0684
 2章から構成されています。① 認知症にどう医療がかかわるか と、②認知症と暮らす です。

 裁判では、認知症と糖尿病、認知症の画像評価とVSRADが問題となったので、これについて紹介されていたことから購入いたしました。

 医学書って本当に高いですよね。。。でも、クライアントの利益のためであれば、購入して勉強するのは当たり前ですhappy01

« 2018年7月 | トップページ

最近のコメント

法律書