2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 【医療セミナー】 脊椎・脊髄の基礎知識 慶応大学医学部整形外科岡田英次朗医師 | トップページ | 【循環器科】 心房細動とカテーテルアブレーション »

2018年4月 4日 (水)

【法律書】 医療訴訟の実務

 商事法務から、2013年7月に出版された「医療訴訟の実務 」です。

 本書は、東京地裁その他の医療集中部において実際に医療訴訟を経験した裁判官のほか、医療訴訟に通じた医師及び弁護士の方々にも執筆陣として加わっていただき、裁判所の医療集中部で蓄積されたノウハウを含め、医療訴訟の実務の要点が網羅した良書です。

 ①医師から見た医療と法曹との相互理解の現状と課題

 ②証拠保全

 ③訴え提起する患者側弁護士による準備と訴訟活動

 ④医療機関側の訴訟前対応と訴訟対応

 ⑤争点整理Ⅰ(過失主張の要点、医学的知見の裏付け、事案の解明等)

 ⑥争点整理Ⅱ(争点整理上の工夫、診療経過一覧表、争点整理表の作成等)

 ⑦専門委員

 ⑧診療録等

 ⑨基礎的な医学的知見

 ⑩診療ガイドライン

 ⑪添付文書

 ⑫医学的知見を記載した医師の意見書

 ⑬人証調べ

 ⑭鑑定

 ⑮注意義務違反(総論、医療水準)

 ⑯説明義務違反

 ⑰転医義務違反

 ⑱救急医療に関する注意義務違反

 ⑲がんの診断および治療に関する注意義務違反

 ⑳脳神経外科の診療に関する注意義務違反

 ㉑循環器の診療に関する注意義務違反

 ㉒消化器科の診療に関する注意義務違反

 ㉓産科の診療に関する注意義務違反

 ㉔歯科の診療に関する注意義務違反

 ㉕医療施設における患者の管理に関する注意義務違反

 ㉖過失の競合

 ㉗因果関係

 ㉘生存についての相当程度の可能性

 ㉙損害

 ㉚和解

 027
 勉強していきたいと思います。

« 【医療セミナー】 脊椎・脊髄の基礎知識 慶応大学医学部整形外科岡田英次朗医師 | トップページ | 【循環器科】 心房細動とカテーテルアブレーション »

【法律書】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【医療セミナー】 脊椎・脊髄の基礎知識 慶応大学医学部整形外科岡田英次朗医師 | トップページ | 【循環器科】 心房細動とカテーテルアブレーション »

最近のコメント

法律書