2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 【挨拶】 医療事故の訟廷日誌 の執筆を始めます。 | トップページ | 【医療セミナー】 脊椎・脊髄の基礎知識 慶応大学医学部整形外科岡田英次朗医師 »

2018年4月 2日 (月)

【挨拶】  当事務所に対するご相談について (相談方法、相談料、キャンセルポリシー)

 医療事故事案についてのご相談ですが、まずは、お電話をいただければと思います。telephone

 Kimg1185
 私の親族や友人が経営している病院の場合には、お断りさせていただきますが、そうではない場合には、原則として、ご相談を受けさせていただきます。postoffice

 とはいえ、田舎弁護士は、医療事故を中心に取り扱っている専門家ではありませんので、相談の前に、下調べのために、「質問票」をお送りさせていただきます。clip

 質問票を相談日の2週間程前には当事務所にまで送っていただきます。当方も内容をみて勉強してからご相談に臨むようにしたいと思います。そのため、ご相談のご連絡をいただいて、1ケ月位先にご相談日となります。

 Kimg0152

 事前に質問票を読んでおく時間が必要ですので、相談時間は90分以内として、相談料としては、一律、万円+税とさせていただきます(なお、質問票を送付されてからのキャンセルは、1万円+税を、キャンセル料としてご請求させていただきます。)。

 また、せっかく、ご相談いただいても、残念ながら、事件としてご依頼できない場合もあります。bearing

 協力医に調査依頼をお願いしておりますので、受任にかかわらず、その調査費用が必要になります。また、カルテ等がない場合には、証拠保全が必要になる場合もありますが、その場合にも、量にもよりますが、別途費用が必要になります。

 Kimg0719

 現在、過去の医療事故事案のケースから考えると、当初相談して、調査を行い、最終的に受任に至るまで、相談から、1年程度かかっております。coldsweats02

« 【挨拶】 医療事故の訟廷日誌 の執筆を始めます。 | トップページ | 【医療セミナー】 脊椎・脊髄の基礎知識 慶応大学医学部整形外科岡田英次朗医師 »

【挨拶】」カテゴリの記事

最近のコメント

法律書