【相続】 遺産分割

2017年1月 3日 (火)

【相続】 家業従事型の寄与

 判例時報No2311号で紹介された札幌高裁平成27年7月28日決定です。

 第1審は、Bは、被相続人Dの指示で勤務中の会社を退職し、平成元年からDの経営する簡易郵便局での勤務を開始して、Dの事業に労務の提供をし、その後平成11年頃からはBが同郵便局の事業を事実上取り仕切る立場にあり、Bが正式経営している平成23年度の売上金額が994万円余りであったこと、その他B夫婦がDから受領していた給料の額、BがDの郵便事業に関与していた期間等に鑑みれば、Bの特別の寄与額は相続開始時の遺産総額の1億366万円余の約3割にあたる3100万円と認めるのが相当であると審判しました。

 これを受け、Aが抗告しました。

 大2審は、平成18年までの郵便局の事業主体はDであったこと、給与水準は従事する事業の内容、企業の形態、規模、労働者の経験、地位等の諸条件によって異なるから、賃金センサスによる大卒46歳時の年収平均額に満たなかったとしても、B夫婦の収入が低額であったとはいえず、むしろ月25万円から35万円という相応の収入を得ていたというべきである、Bの郵便局事業への従事が被相続人Dの財産の維持・増加に特別の寄与をしたとは認められないと判断しました。

 Kimg4263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

【相続】 詳解 遺産分割の理論と実務 (民事法研究会)

 平成28年8月25日、民事法研究会から、「詳解遺産分割の理論と実務 」が出版されました。

 法的論点や実務の運用を、裁判官、弁護士、税理士等の専門家によって執筆されています。

 7章に区分されています。

 1章は、遺産分割総論、2章は、遺言と遺産分割、3章は、遺産分割、4章は、遺産分割の手続、5章は、分割後の紛争、6章は、事例にみる遺産分割、7章は、遺言・遺産分割と税務となっております。

 Kimg3928

 通読にするにしては分厚すぎるので、参考書的な利用になるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

【相続】 寄与分

 判例タイムズNo1430号で紹介された大阪高裁平成27年10月6日決定です。

 被相続人の家業である農業に従事したことを理由とする寄与分を、遺産総額の30%と定めた原審判を変更して、

 農業に従事したこと以外の寄与を認めることができないことも考慮して、農地のみの評価額を30%と定めた事例

 家事従事者の寄与分については、寄与者が受けるべき給与額を想定することが困難な場合には、家業の事業内容や規模、その収支状況、申立人が家業従事に至った経緯、従事の態様や期間、遺産形成の経緯、遺産の内容や額などを検討して、遺産の全部又は一部の一定割合を寄与分とすることが考えられるとされており、本判決はこのような場合の寄与について判断した事例の1つとして参考になります。

 Kimg4133_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

【相続】 事例にみる特別受益・寄与分・遺留分主張のポイント

 新日本法規から今年2月に出版された「事例にみる特別受益・寄与分・遺留分主張のポイント」 です。

 3章から構成され、①相続分・遺留分をめぐる争いの概要、②特別受益、③寄与分から構成されています。

 遺産分割事案では、特別受益・寄与分が問題となることが多く、生前贈与とか遺言では、遺留分減殺が問題となることが多いです。

 近時、長男が親の財産を継ぐという意識が少なくなっていることから、兄弟間でもめることが少なくありません。

 日頃から勉強する必要がありますね。

 Kimg1291
               (名古屋の東急ホテルで)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

【相続】 遺産分割実務マニュアル 第3版

 ぎょうせいから、今年の2月に、遺産分割実務マニュアル第3版 が出版されました。

 7章で構成されています。

 ① 受任

 ② 遺産争いの解決手段

 ③ 遺産争いに関する実質的問題

 ④ 遺産分割後の問題

 ⑤ 遺産管理

 ⑥ 遺産分割と税金

 ⑦ 遺産分割の周辺問題

 本書は、弁護士開業の時からお世話になっている書籍の1つです。

 Kimg1380

                (大須観音)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

【相続】  市民と法 No98

  0000000008542
 民事法研究会から、「市民と法」No98 が出版されました。 

 【特集】遺言・遺産分割の最新事情と実務

となっております。

 特集の内容は、以下のとおりです。

[1] 遺言・遺産分割の実務指針
   弁護士 寄井真二郎

[2] 遺言・遺産分割の事例と相続登記実務の勘所
   司法書士 里村美喜夫

[3] 遺言・遺言代用型信託契約・遺言信託の使い分けと実務の勘所
   司法書士 山田茂樹

[4] 相続法の課題と展望
   早稲田大学教授 松原正明

 

 私も、執筆しております。

 皆様、参考にしていただければ、幸いです。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

【相続】 東京家庭裁判所家事第5部における遺産分割事件の運用

 最新号の判例タイムズNo1418号で紹介された「東京家庭裁判所家事第5部における遺産分割事件の運用」です。

 要は、家事5部の遺産分割調停・審判事件における現状の紹介と、その背景にある考え方を説明しています。

 第5部が当事者に配布する資料が秀逸です。

 遺産分割調停の進め方

 遺産分割調停・審判で扱うことができる遺産等

 預金の払い戻しが問題になったら

 特別受益とは

 寄与分の主張を検討する皆様へ

 等々、わかりやすくて参考になります。

 Kimg0440

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

【相続】 改訂版 遺産分割の理論と審理

 平成26年6月に発行された「改訂版 遺産分割の理論と審理 」です。

 全部で、12編からなります。

 ① 遺産分割事件の審判と抗告

 ② 遺産分割事件の性質、事件数及び長期化対策

 ③ 付随問題

 ④ 遺産分割事件における主要な争点

 ⑤ 特別受益

 ⑥ 寄与分

 ⑦ 遺留分

 ⑧ 遺産の評価

 ⑨ 遺産の具体的分割

 ⑩ 遺産分割審判

 ⑪ 遺産分割の調停条項

 ⑫ 遺産分割に関する重要判例一覧

 第一線の裁判官が執筆されており、大変参考になります。裁判官の備忘録といえます。

 Kimg0492

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

【相続】 新版家庭裁判所における遺産分割・遺留分の実務

 平成25年6月に出版された「新版家庭裁判所における遺産分割・遺留分の実務 」です。

 第1編 遺産分割手続は、以下のとおりの構成になっております。

 第1章遺産分割総論

 第2章相続人の範囲

 第3章相続人の確定

 第4章相続分

 第5章相続財産

 第6章遺産の範囲の確定

 第7章遺産の評価

 第8章特別受益

 第9章寄与分の確定(総論)

 第10章寄与分の確定(寄与行為の態様ごとの検討)

 第11章具体的な相続分の算定

 第12章具体的な分割方法 

 第2編 遺言・遺留分は、以下のとおりの構成になっております。

 第13章 遺言(総論)

 第14章 遺贈

 第15章 相続させる旨の遺言

 第16章 遺留分制度の概説

 第17章 遺留分減殺請求権

 参考 遺産分割審判に対する不服申立て

 高松の行き帰りに一読しました。眠かったです。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

【相続】 東京家裁家事第5部における遺産分割事件の運用 (下) NO3

 判例タイムズNo1376号の「遺産分割事件の運営(下)」の続きです。

6 具体的な分割方法

(1) 具体的な分割方法

ア 総論

→ 現物分割、代償分割、換価分割、共有分割

イ 分割方法の順位

→遺産分割に当たっては、まず現物分割の可否を検討し、それが相当でない場合に代償分割を検討する。代償分割もできない場合には換価分割を選択することになり、共有分割は、当事者全員が共有に合意している等特別な事情がある場合の最後の選択肢である

ウ 現物分割

→対象財産が不動産の場合

→同族会社の非上場株式が遺産に含まれている場合

エ 代償分割

→特別の事由があると認められるとき

→支払い能力の立証

オ 換価分割

→中間処分としての換価審判

カ 共有分割

(2) 分割方法に関する合意

7 最終調停の成立・一部成立

(1) 分割方法と調停成立

(2) 調停による一部分割

第4 遺産分割審判の運営

1 審判手続への移行

(1)移行の要否、時期

(2)調停手続中の合意の効力

2 移行後の審理・判断

(1)審理

(2)審判

 Dscn2836

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧