« 【離婚】 離婚訴訟と、不貞行為訴訟との関係!? | トップページ | 【離婚】 離婚に伴う財産分与 (新日本法規) »

2019年9月11日 (水)

【相続】 療養介護した場合の寄与分

 「家庭の裁判と法」第21号で紹介された東京高裁平成29年9月22日決定です。

 

Kimg1664
(姫路城)
 決定要旨は以下のとおりです。
 
 要介護者であった被相続人の遺産に対する遺産分割申立事件で、被相続人の子が在宅での療養看護を理由に寄与分を主張した事案において、
 被相続人の要介護度に応じた要介護認定等基準時間の訪問介護費に、被相続人が要介護認定を受けた期間からショートスティの利用日数を控除して、ディサービスの利用日数を半日として算出した療養看護の日数を乗じたものに、裁量的割合として0.7を乗じて寄与分の算定した原審を相当とした上、
 痰の吸引という医療行為については、訪問介護費より高額な訪問看護費を基準として寄与分を算定した事例
 兄弟どおして対立した事案ですが、二男である相手方が父親と同居して面倒をみており、長男から遺産分割の調停が申し立てられたようです。。。要介護4や5に至っており、相手方の負担も大きいものがあります。
 兄弟と雖も、難しいものです。。。
 

|

« 【離婚】 離婚訴訟と、不貞行為訴訟との関係!? | トップページ | 【離婚】 離婚に伴う財産分与 (新日本法規) »

【相続】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【離婚】 離婚訴訟と、不貞行為訴訟との関係!? | トップページ | 【離婚】 離婚に伴う財産分与 (新日本法規) »