« 【離婚】 モラハラ事案 東京地判平成24年1月19日 | トップページ | 【相続】 共同相続人間においてされた無償による相続分の譲渡と民法903条1項に規定する「贈与」 »

2019年7月 3日 (水)

【子ども】 親権・監護権・面会交流事例集

 最近の傾向ですが、非親権者、或いは、非監護権者の親、とりわけ、父親から、子供に対する定期的な面会交流を要求される事案が増えているように感じます。

 

Kimg1038
(大徳寺大仙院)
 新日本法規から、子の利益だけでは解決できない親権・監護権・面会交流事例集が出ましたので、購入しました。
 
 面会交流では、第1判断要素、第2面会交流の工夫、第3面会交流方法・条件の変更、第4面会交流不履行への対応から構成されています。
 面会交流それ自体を単独で受任する場合は余りありません。ほとんどが、離婚調停等と一緒に申立てるケースが多いです。
 ただ、監護親である母親は、対立する父親との面会交流について、気持ちの上から、嫌がる方も少なくありません。
 当職の経験からいえば、面会交流がある程度うまくいくケースは、離婚しても、今度は共通の子どもを持つ親として、関わってもらえることが多いので、子どものためにはよいことだろうとも思います。
 他方で、DV事案、不貞行為事案等、夫婦関係に大きな亀裂が入っている事案は、うまくいかないことが大半であり、ストーカー事案に発展したケースでは、皆無です。
 

|

« 【離婚】 モラハラ事案 東京地判平成24年1月19日 | トップページ | 【相続】 共同相続人間においてされた無償による相続分の譲渡と民法903条1項に規定する「贈与」 »

【子ども】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【離婚】 モラハラ事案 東京地判平成24年1月19日 | トップページ | 【相続】 共同相続人間においてされた無償による相続分の譲渡と民法903条1項に規定する「贈与」 »