« 【慰謝料】 夫婦の一方が他方と不貞行為に及んだ第三者に対して離婚に伴う慰謝料請求をすることの可否 | トップページ | 【子ども】 子どもの引き渡し »

2019年7月29日 (月)

【離婚】 判決文を読んで、泣けてきた事案 ( ノД`)シクシク…

 判例タイムズNO1461号で紹介された平成30年12月5日東京高裁判決です。

 判決文を読んで涙なしには読めません。。。。

 

Kimg1361
(高知城)
 事案は次のとおりです。X(夫)、Xの父(介護必要)(障害認定1級)、Y(妻)、長女(H9生まれ)、次女(H15生まれ)の5人で生活していました。仕事の関係で夏季に限定して平成23年6月にXは単身赴任しました。ところが、平成23年7月に、XはYに対して突然離婚話を切り出し、要介護の実父の世話をYにまかせたまま、別居期間が7年経過してしまったという事案です。
 Xの依頼した弁護士は、別居が一定期間継続すれば裁判所は離婚を認めるなどと記載された手紙を送付し、Xは、Yのみならず、Xの実父、子どもたちにも一切会おうとせず、転勤しても異動先を教えなかった。
 Xはこともあろうに、Xの実父の介護のための車も使用不可能にした。
 Yは、Xの実父の世話と子どもたちの養育をしながら、Xが家庭に戻るのをまった。Xの実父も、Xが家庭に戻ることを願い、Xと連絡をとろうとしたが無視された。
 平成24年に、XはYを相手に離婚訴訟を提訴したが、Xは平成19年3月以降別居状態にあった等の虚偽主張を行い、第1審も、第2審も、Xの離婚請求を認めませんでした。
 それ以降も、Xの実父は、Xに連絡をとったものの、弁護士に電話せよというばかりで直接の連絡を拒絶し、Xの実父は、Yや孫たちの将来を考えて、Yと養子縁組を行い、生命保険金の受取人を孫に変更しました。
 YとXの実父は、Xの弁護士に対して、子らの写真や手紙を送付して連絡をとろうとしたが、全て拒絶された。
 Xの年収は約1100万円、他方、Yは、不整脈、膝関節痛等のために、無職で収入がない状態です。
 このような状態で、Xは、再び、離婚訴訟を提訴して、第1審は、別居期間が7年近くあることなどを理由に離婚を認めませんでした。
 第2審は、YやXの実父がYとの話し合いを度々求めているにもかわわらず、弁護士のアドバイスにより、別居を長期間継続すれば、必ず裁判離婚ができると考えて、話し合いを一切拒否しているものと推測されることから、婚姻を継続し難い字雄大な事由はあるとはいえない、また、これまでの経緯から考えて、Xには信義則違反があるとして、離婚の裁判を認めませんでした。
 別居期間7年で、典型的な有責配偶者ではないXの離婚請求を認めなかったという極めて珍しいケースです。
 同居期間中極めて円満だったこと、別居も不和が原因ではなく仕事のためであったこと、介護の必要なXの実父の介護をすべてYにまかせたままにしたこと、Xの実父も子どもたちもXとYとの修復を望んでいること、Yは病気のために無職であることなどが、Xの請求を認めなかった大きな理由でしょう。
 なお、Yは、弁護士に依頼せずに、本人訴訟で対応しております。第2審で、Yの逆転勝訴ですが、最高裁に上告・上告受理をしているようです。
 
 判決文を読んでも、Xが、なぜYと離婚したいのかがよくわかりません。わかれたいのであれば、その理由を誠実に伝えるべきでしょうし、自らの実父の介護を押し付けるべきでもないでしょう。
 また、Xが前の裁判の時に依頼した代理人弁護士のアドバイスも配慮に欠けており、いささかどうかと思える内容です。
 Xの実父の気持ちを考えると、いたたまれない気持ちになります。Yや孫たちに申し訳ない気持ちで亡くなられたのではないでしょうか。
 

|

« 【慰謝料】 夫婦の一方が他方と不貞行為に及んだ第三者に対して離婚に伴う慰謝料請求をすることの可否 | トップページ | 【子ども】 子どもの引き渡し »

【離婚】 離婚原因」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【慰謝料】 夫婦の一方が他方と不貞行為に及んだ第三者に対して離婚に伴う慰謝料請求をすることの可否 | トップページ | 【子ども】 子どもの引き渡し »