« 【離婚】 判決文を読んで、泣けてきた事案 ( ノД`)シクシク… | トップページ | 【離婚】 再婚した際に、連れ子を養子にした場合の生活費 »

2019年8月 1日 (木)

【子ども】 子どもの引き渡し

 判例タイムズNO1461号で紹介された最高裁平成31年4月26日決定です。

 

Kimg1373
(高知城)
 X(妻)とY(夫)とは、婚姻後、長男A(9歳)、次男B、長女Cをもうけたが、XがYに、「死にたいいやや。こどもらもすてたい」というい内容のメールを送信したため、Yは、子どもらを連れて実家に転居してXと別居しました。
 
 Xの申し立てにより、子らの監護者をXと指定して、子らの引き渡しを命じる審判が確定しました。
 強制執行をXがしましたが、B及びCはこれに応じて引き渡されましたが、Aは呼吸困難に陥りそうになったため、執行不能で終了。
 人身保護請求もしましたが、AがYの下で生活したいという強固な意思を有していたことから、拘束にあたらないとして棄却。
 Xが間接強制の申立てを行い、履行しない場合には1日につき1万円支払うよう決定がでたため、原審は抗告棄却したものの、許可抗告は認め、最高裁で審理されることになりました。
 最高裁は、Xの、間接強制は、権利濫用に該当するとして、Xの申し立てを却下しました。
 決定文だけだと、なぜ、Xがそんなメールをしたのかなど背景がよくわかりませんが、Aは、強制執行の場面でも、人身保護手続の場面でも、明確に、Yの下で生活した旨を述べたようです。
 結論としては妥当だと思いますが、そうすると、そもそも、監護権者の指定の手続において、十分な審理ができていたのかなと思ったりします。
 

 

 

|

« 【離婚】 判決文を読んで、泣けてきた事案 ( ノД`)シクシク… | トップページ | 【離婚】 再婚した際に、連れ子を養子にした場合の生活費 »

【子ども】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【離婚】 判決文を読んで、泣けてきた事案 ( ノД`)シクシク… | トップページ | 【離婚】 再婚した際に、連れ子を養子にした場合の生活費 »