« 【面会交流】 子どもとの面会交流。。。 | トップページ | 【相続】 遺言者の遺言能力が欠如していたとして公正証書遺言が無効とされた事例 »

2018年6月14日 (木)

【離婚】 何年別居すれば、離婚できるの!? モラハラ事案

 「家庭の法と裁判」第14号が送られてきました。早速、家事関係裁判をチェックしました。

 東京高裁平成29年6月28日判決です。

 別居期間3年余りの夫婦について、

 原審では、控訴人主張の事実は一般に子を持つ夫婦間で日常的に生じ得る不満であり、被控訴人の言動は、通常、婚姻関係を破綻させるような有責の行為であるとは認めがたいとして離婚請求を棄却したのに対して、

 控訴審において、事柄の背景を考えると、双方で夫婦の役割分担等に関する見解の相違を克服できないまま、控訴人は離婚意思を強固にし、その意思に翻意の可能性を見い出し難い上に、別居後は双方に復縁に向けての具体的な動きがないことから、夫婦間の争いは夫婦喧嘩の範疇に止まるものではなく、夫婦のいずれかに一方的に非があるというわけではないが、夫婦関係は修復不能なまでに破綻していると判断して、原判決を取り消し、離婚請求を認容した事例

 Kimg3266
 判決文を読む限り、個人的には、かなりの「モラハラ」夫と思われますが、

 第1審判決は、一般に子どもをもつ夫婦間では日常的に生じる不満でありとされていること、別居期間は約3年であることから、まだ破綻していないと認定されています。

 第2審判決では、双方が夫婦の役割に関する見解の相違を克服できないまま、控訴人は離婚意思を強固にしていることなどから、破綻を認めました。

 別居期間の目安は、有責配偶者のケースを除けば、3年~4年を基本原則としていると言われていますが、第1審では、3年でも難しかったという事案でした。

 Kimg3269

|

« 【面会交流】 子どもとの面会交流。。。 | トップページ | 【相続】 遺言者の遺言能力が欠如していたとして公正証書遺言が無効とされた事例 »

【離婚】 離婚原因」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122347/66798747

この記事へのトラックバック一覧です: 【離婚】 何年別居すれば、離婚できるの!? モラハラ事案:

« 【面会交流】 子どもとの面会交流。。。 | トップページ | 【相続】 遺言者の遺言能力が欠如していたとして公正証書遺言が無効とされた事例 »