« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月24日 (木)

【相続】 「すべてまかせる」という遺言

 金融法務事情No2088号で紹介された東京地裁平成29年9月13日判決です。

 Kimg1390

 被相続人が「すべてまかせる」と記載した対象者の名に訂正があるが、民法968条2項所定の方式が履践されていない自筆証書遺言は、

 その作成に至る経緯ないし被相続人とその姪とのこれまでの関係に照らして被相続人の姪の名を誤記したために訂正したものであると認められる判示の事実関係のもとにおいては、

 被相続人の姪を対象者として記載したもので、被相続人の遺産の全部を姪に遺贈する趣旨の遺言として有効である。

 Kimg1501
 「まかせる」という遺言ってためにみかけますよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

【子ども】 離婚した父母のうち子の親権者と定められた父が法律上監護権を有しない母に対し親権に基づく妨害排除請求として子の引渡しを求めることが権利濫用に当たるとされた事例 

 判例タイムズNo1446号で紹介された最高裁平成29年12月5日決定です。

 Kimg2064
 最高裁は、

 離婚後の父母のうち親権者と定められた一方が、民事訴訟の手続により、法律上監護権を有しない他方に対し、親権に基づく妨害排除請求として子の引渡しを求めることができると解されるとしつつ、

 決定要旨のとおり、判示の事情の下においては、XがYに対し親権に基づく妨害排除請求としてAの引渡を求めることは権利の濫用に当たる旨を判示し、本件申立てを却下した原審の判断は結論において是認できるとして、

 本件抗告を棄却しました。

 事案は、子が7才であり、母は、父と別居してから4年以上、単独で子の監護に当たっていたというケースなので、結論的には妥当なような印象を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

テレビに出演しました。「ますあつ法律相談所」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

講座実務家事事件手続法上・下

 日本加除出版から、昨年12月に、講座実務家事事件手続法上下 が出版されました。

 Kimg2074
 分厚いです。積読状態になるでしょう。

 多数の裁判官が執筆されていますが、肩書をみると、部総括になられている方もいて、光陰矢の如しです💦

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

【相続】 家庭裁判所における遺産分割・遺留分の実務 第3版

 日本加除出版から平成29年3月に出版された「家庭裁判所における遺産分割・遺留分の実務 」です。

 Kimg2051 

 片岡武裁判官が編著の非常に実務的な書籍です。相続法も改正が予定されており、従来の知識では対応しずらくなっております。勉強しなくちゃ💦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

【成年後見】 成年後見手続ガイドブック

 新日本法規から平成30年1月に「成年後見手続ガイドブック 」が出版されましたので、購入しました。編集は、司法書士の先生方の団体です。

 Kimg2101_2
 10章で構成されています。①成年後見人就任時、②高齢者の介護サービス、③障害者の福祉サービス、④医療サービス、⑤収支の管理、⑥財産の処分・管理、⑦トラブルへの対応、⑧家庭裁判所への手続、⑨後見登記に関する手続、⑩後見事務の終了時からなります。

 勉強しておく必要があります💦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

【学校】 Q&A 学校部活動・体育活動の法律相談

 日本加除出版から、平成29年12月に出版された「Q&A 学校部活動・体育活動の法律相談 」です。田舎弁護士も、学校法人の顧問をしておりますので、日頃からこの種の書籍は購入するようにしております。

 Kimg2110
 6編から構成されています。①学校運動部の意義と法律問題、②学校運動部と事故、③学校運動部の運営と部員の権利、④部活動と保護者・家庭、⑤部活動と指導者、⑥生徒間の法律問題です。

 しっかりと勉強しておく必要があります💦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

【離婚】 妻が家計を管理していたが、夫の収入からすると、当該預金ができていたはずであると主張している場合には、どう対応すべきですか? 

 非常によるあるご相談の1つです。そして、いつもこれを説明すると、相談者の顔が暗くなります💦。

 Kimg2059
 秋武憲一先生の第3版離婚調停 P316は、「夫婦の収入状況からすれば、預貯金があるはずだと主張しても、それが現にないのであれば、財産分与の対象財産とはなりません。預金があるというのであれば、どの金融機関の預金であるかを主張させるべきです。」「金融機関を特定することもできないというのであれば、財産分与の対象財産はないといわざるをえません。」「財産分与は、離婚時における夫婦間の財産を清算する手続です。したがって、離婚時において、対象財産がないのであれば、財産分与請求権は生じません。」と書かれています。

 ですので、わからないのであれば、財産分与の手続の中ではどうしようもありません💦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

【離婚】 第3版 離婚調停

 日本加除出版から平成30年1月に離婚調停第3版 が出版されました。10章から構成されています。

 Kimg2160
                (ホテルオークラ京都)

 10章から構成されています。①離婚調停の基礎知識、②夫婦関係調整調停、③親権にかかわる問題、④面会交流、⑤養育費・婚姻費用算定表、⑥婚姻費用、⑦養育費、⑧財産分与、⑨慰謝料(又は解決金)、⑩年金分割となっております。

 秋武憲一先生の書籍って、実務的でわかりやすいです。愛読書の1つです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ