« 【相続】 相続人不存在・不在者財産管理の手引 | トップページ | 家事事件における保全処分の実務と書式 »

2017年11月15日 (水)

【男女関係】 改訂ストーカーリスクと法的対処

 日本加除出版から、平成29年6月、改訂ストーカーリスクと法的対処 という書籍が出版されました。

 Kimg9507

 最近、ストーカー事例やDV保護命令申立て事例が増えました。田舎弁護士が経験するのは、男性 ⇒ 女性 というのが、圧倒的に多いように思います。

 また、ストーカーやDVの加害者側、被害者側、どちら側からでも相談や対応をさせていただいたことがあります。

 中には、女性側が誇張しているようなケースもありました。

 しかしながら、男性側に大きな原因があると思われる事案も少なくなく、また、ストーカーやDVについても証拠がなければ否認するという態度をとられる方もいて、対応に苦慮することもありました。

 意外と思われるかもしれませんが、加害者として主張されている男性は、真面目で几帳面な方が少なくありません。

 この種の事案は、どちらの立場に立っても、依頼を受けた弁護士にとっても、精神的に大きな負担がくるものです。事務所に突然訪ねてきて、興奮されたお話の仕方をされる方も中にはおられますから。

 平成28年にストーカー規制法も改正され、本書の改訂版をまっていましたがようやくでました。

 よく読んで仕事に活かしたいと思います。

|

« 【相続】 相続人不存在・不在者財産管理の手引 | トップページ | 家事事件における保全処分の実務と書式 »

【男女関係】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122347/65979477

この記事へのトラックバック一覧です: 【男女関係】 改訂ストーカーリスクと法的対処:

« 【相続】 相続人不存在・不在者財産管理の手引 | トップページ | 家事事件における保全処分の実務と書式 »