« 【子ども】 母と年間100日間面会させるとした父を長女の親権者とした1審判決を変更して、主たる監護者である母をその親権者に指定した事例 東京高裁平成29年1月26日判決 | トップページ | 【相続】 遺言能力欠如により公正証書遺言が無効であるとされた事例 東京地裁平成28年8月25日判決 »

2017年6月 8日 (木)

【子ども】 父(同居親)の意に反して母が長女を連れて別居した行為は、当時すでに婚姻は破綻し協議困難だった等の事情から、親権者指定の障害とはならないと判示した事例 東京高裁平成29年1月26日判決

 昨日の続きです。 Kimg6764
 Xによる長女Aを伴う別居に関しては、

 別居当時Aは満2歳4ケ月であり、業務が多忙なYにAの監護を委ねることは困難であり、破綻的別居で予めAの監護について協議することは困難であつたとし、

 Xはそのころ8回にわたり面会交流の場を設け、更に電話による交流もさせていた

 平成22年9月26日以降は面会交流をさせなかったが、これは同月8日にYがXに対し、AとYがテレビ番組で放映される旨、他のマスメディア関係者もこの問題をとりあげる旨等を記載したメールを送り、実際に同日Yがマスメディアに提供した面会交流時のAの映像が、目の部分をぼかしが入れられたものの、放映され、Xがこれに衝撃を受けたことによるものである(Xはマスメディアの取材やYによるAによる撮影がないことを条件に同月26日の面会に応じたもの)から、これをもってAの利益の観点からみて、Xが親権者としてふさわしくないとは認めがたいと判断しております。

 Kimg6766

 解説によれば、「最近の家裁実務は、例えば『監護の開始が相手方の承諾を得ていなくても、その具体的な経緯、子の年齢や意思等によっては、それだけでは直ちに法律や社会規範を無視するような態様で監護が開始されたとまではいえない場合もある』とする。」と説明されており、最近の裁判例として東京家裁平成22年5月25日の審判例を挙げています。

 経験上、妻が、夫の同意なしに子を連れて妻の実家に戻るというケースは、度々遭遇しております。

 このようなケースにおいては夫からは強い反発が予想されますが、夫婦間が激しく対立をしている中で、相互の不信感が増している関係の下では、妻が子を連れて実家に戻るということを事前に夫に話をすれば、妻のみがたたき出されるということもありえることから、非常に難しいところです。

 ケースバイケースでの対応になり、微妙な事案であれば、裁判官によっては、母による子の連れ別居は違法と評価される可能性もありうるところですが、母が主たる監護者であれば、幼児を残して一人で別居することは、反対に主たる監護者として無責任とも評価されかねず、判断の難しいところです。

 最近は、特に夫側から、「連れ去り」等と妻のみならず代理人弁護士に対してまで強いクレームを受けかねないような状態になっております。田舎弁護士自身は、別居に至っても、どちらの立場にたっても、面会交流に大きな問題がない事案と判断した場合には、監護親の危惧感を取り除き、面会交流を勧めるようしております。田舎弁護士も父親ですので、子どもに会いたいというお父さんの気持ちはわかります。 

 とはいえ、この裁判例のように、監護親が望んでいない面会交流の際の状況をマスコミ等に取材させるという手段に出られた場合には、その後の面会交流が消極的になったとしても、やむをえなかったのかもしれません。

 Kimg6763

 アドバイスが難しい相談の1つです。

|

« 【子ども】 母と年間100日間面会させるとした父を長女の親権者とした1審判決を変更して、主たる監護者である母をその親権者に指定した事例 東京高裁平成29年1月26日判決 | トップページ | 【相続】 遺言能力欠如により公正証書遺言が無効であるとされた事例 東京地裁平成28年8月25日判決 »

【子ども】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122347/65327976

この記事へのトラックバック一覧です: 【子ども】 父(同居親)の意に反して母が長女を連れて別居した行為は、当時すでに婚姻は破綻し協議困難だった等の事情から、親権者指定の障害とはならないと判示した事例 東京高裁平成29年1月26日判決:

« 【子ども】 母と年間100日間面会させるとした父を長女の親権者とした1審判決を変更して、主たる監護者である母をその親権者に指定した事例 東京高裁平成29年1月26日判決 | トップページ | 【相続】 遺言能力欠如により公正証書遺言が無効であるとされた事例 東京地裁平成28年8月25日判決 »