« 【離婚】 婚姻費用分担事件における信義則の適用事例 | トップページ | 【相続】 熟慮期間の起算日を抗告人らが被相続人の債務の存在を認識した日であるとして、相続放棄の申述を却下した原審判を取り消して、相続放棄の申述が受理された事例 東京高裁平成26年3月27日判決 »

2014年10月 7日 (火)

【告知】 大変申し訳ありません。椎間板ヘルニアの悪化により、近々入院することになりました。

昨日、松山の脊髄の専門病院を訪ねました。  

重度の椎間板ヘルニアであり、できるだけ早く手術をする必要があるとのことでした。手術が遅れると脚に麻痺が残る可能性があるとのことでした。

 ただ、10月は、たくさんのご相談、期日が詰まっており、変更が難しい状態です。 

 入院の正式な時期についてはまだ決まっておりませんが、11月になるのではないかと思います。2週間くらい入院が必要なようです。  11月は、現在、弁護士1名の事務所であるため、ご相談等の対応が難しくなっております。

 多々ご面倒をおかけすることになると思いますが、何とぞご容赦下さい。 

|

« 【離婚】 婚姻費用分担事件における信義則の適用事例 | トップページ | 【相続】 熟慮期間の起算日を抗告人らが被相続人の債務の存在を認識した日であるとして、相続放棄の申述を却下した原審判を取り消して、相続放棄の申述が受理された事例 東京高裁平成26年3月27日判決 »

コメント

お気の毒です。
しかし、体が何より大切です。
しっかり直して下さい。

(毎日、読ませて頂いております。)

投稿: genmai | 2014年10月 8日 (水) 午前 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122347/60437212

この記事へのトラックバック一覧です: 【告知】 大変申し訳ありません。椎間板ヘルニアの悪化により、近々入院することになりました。:

« 【離婚】 婚姻費用分担事件における信義則の適用事例 | トップページ | 【相続】 熟慮期間の起算日を抗告人らが被相続人の債務の存在を認識した日であるとして、相続放棄の申述を却下した原審判を取り消して、相続放棄の申述が受理された事例 東京高裁平成26年3月27日判決 »