« 【男女関係】 合意で性交渉をし、合意で妊娠中絶手術を行った男女間において、男性が女性の身体的、精神的苦痛や経済的負担の不利益を軽減し、解消するための行為をしないことが不法行為に該当するとされた事例 東京高判平成21年10月15日判決 | トップページ | 【介護施設】 デイサービスの利用者が食事中の誤嚥で死亡した事故について、事業者の責任が否定された事例 東京地裁立川支部平成22年12月8日判決 »

2011年6月30日 (木)

新家事審判法協議会(松山家裁)に出席しました

 午後4時から松山家裁で開催された「新家事審判法協議会」に参加してまいりました。

 弁護士委員は、10名程度でしたが、多分、司法修習の期からいうと、私が2番目に古い期のような感じです。半分以上お見かけしたことのない方々だったので、一挙に年寄りになったような感じを受けました。

 本当はまだまだ駆け出し(後期)の弁護士なんですよ・・・ coldsweats01

 ところで、家事事件手続法が平成25年には施行されるとか?

 なんじゃ、そりゃ?

 概略は、新日本法規のサイトでごらん下さい。

 全体的なイメージは、職権主義から当事者主義に比重が移行したのかなあと勝手に思っています。

 とりあえず年内の期日は決まりましたが、日弁連の会務活動等が重なっている日もあり、残念です。

 小心者なので、「この日差し支え」なんて言えないのです・・・

|

« 【男女関係】 合意で性交渉をし、合意で妊娠中絶手術を行った男女間において、男性が女性の身体的、精神的苦痛や経済的負担の不利益を軽減し、解消するための行為をしないことが不法行為に該当するとされた事例 東京高判平成21年10月15日判決 | トップページ | 【介護施設】 デイサービスの利用者が食事中の誤嚥で死亡した事故について、事業者の責任が否定された事例 東京地裁立川支部平成22年12月8日判決 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122347/52085369

この記事へのトラックバック一覧です: 新家事審判法協議会(松山家裁)に出席しました:

« 【男女関係】 合意で性交渉をし、合意で妊娠中絶手術を行った男女間において、男性が女性の身体的、精神的苦痛や経済的負担の不利益を軽減し、解消するための行為をしないことが不法行為に該当するとされた事例 東京高判平成21年10月15日判決 | トップページ | 【介護施設】 デイサービスの利用者が食事中の誤嚥で死亡した事故について、事業者の責任が否定された事例 東京地裁立川支部平成22年12月8日判決 »